【レビュー】CIO NovaPort TRIO 65W:最強コンパクト3ポートUSB急速充電器

ガジェットが大好きなマニアじゃない限り、パソコンやスマホの充電に使う急速充電器がどんどん小さくなって進化しているなんて知らないと思います。今回紹介するCIOの充電器は、USBタイプAが1つ、タイプCポートが2つ、合計3ポート搭載しているのに、めちゃくちゃコンパクト!最大65WのPD対応充電器って、数年前までかなり大きいものでしたが、こちらは本当に小さいです。

CIO NovaPort TRIO 65W レビュー

iPhone 14 Proと並べるとこれくらいの大きさです。GaN(窒化ガリウム)を採用することで、ここまで小型化できたそうです。また、折りたたみプラグなので、旅行や出張などでカバンに入れて持ち運ぶときも、他のデバイスを傷つけにくく安心。

スポンサーリンク

CIO NovaPort TRIO 65W:レビュー

CIO NovaPort TRIO 65W レビュー

CIO NovaPort TRIO 65W レビュー

コンパクトで3ポート。さらに『軽い』のも特徴です。

CIO NovaPort TRIO 65W レビュー

実測93gでした。3ポート対応の65WGaN充電器が100g以下というのは驚きの軽さです。

CIO NovaPort TRIO 65W レビュー

USB-C×2ポート、USB-Aポート、合計3ポート搭載の充電器になっていますが、ポートの出力を気にする必要がない「NovaIntelligence」という電力自動振り分け機能を搭載しています。これは、最大65W内で端末に合わせて電力を最適に自動で振り分けてくれるものです。

充電器 自動振り分け CIO

USB-C単ポート使用時では最大65W出力になるので、MacBook Proなどの急速充電にも対応しています。ただし、こちらは2つのUSB-Cポートだけに対応した機能になり、USB-Aポートは対象外です。

CIO NovaPort TRIO 65W 振り分け

ですから、3ポートすべてを使う場合は、上側のType-Cポートが最大45W、残りの2ポートで15Wを分け合う。これでトータル65Wになる感じです。

CIO NovaPort TRIO 65W レビュー

自分はSurface Laptop Go 2を愛用していますが、このノートパソコンで使うケーブルもCIOです。CIOは、Surface独自のポートに対応したケーブルだったり、使い勝手のいいアイテムを多数発売している「国内メーカー」なので、これから充電器やケーブルを買おうと思っている方がいたら、ぜひCIO製品をチェックしてもらいたいです。

今回紹介した「CIO NovaPort TRIO 65W」は、通常価格が6,589円と高い充電器ですが、Amazonだとたまにセールを開催しているので、気になった方はリンク先を確認してくださいませ。それじゃ!また!

※今回レビューしたのは「ブラック」ですが「ホワイト」もあります。

こちらの記事もどうぞ!

この記事が面白かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で

-商品レビュー