ATEM Mini

【クロマキー合成】ゲーム実況がプロっぽく見えるグリーンバックの作り方

2019年12月13日

ゲーム実況やライブ配信で使われるクロマキー合成を試してみたくて「背景スタンド」と「グリーンバック用の背景布」を買ってみました。まずはAmazonで「グリーンバック」と検索して商品を探してみましたが…怪しい商品が多くて悩んでしまいました(笑)

で、悩みに悩んで最終的に買ったのはこちらの2点です。

どちらもAmazon's Choiceに選ばれていたアイテムで評価も良かった商品です。両方合わせると5,800円程度になりましたが…なかなかいい感じの商品が届いてよかったです。

スポンサーリンク

UTEBIT 背景スタンド

UTEBIT 背景スタンド

背景スタンドは収納キャリーバッグに入って届きました。手前に写っているのがグリーンバック用の背景布で、1番奥に写っているのは背景スタンドに付属していた大型クリップです。

グリーンバック 背景スタンド

スタンドは組み立て式になっています。横幅は150〜300cm、高さは88〜200cmで調整可能です。ただし…説明書や組み立て方が書いた紙などは入っていません(笑)

グリーンバック 作り方

自分はAmazonの商品説明画像を見ながら組み立てました。

背景スタンド 組み立て方

予想よりしっかりとした作りで安心しました。組み立てが終わったら高さを調整してグリーンバック用の布をセットします。

グリーンバック 布

グリーンバック用の布にもクリップが付いていました。

グリーンバック 作り方

本当はしっかりシワを伸ばして使う必要があるアイテムですが…今回はテストという事でそのまま試してみました。クリップも使わずそのままセットしただけです。

グリーンバック やり方

グリーンバック やり方

左がそのまま撮影した画像で、右側がソフトを使い背景を透過した画像です。予想よりキレイに切り抜く事が出来ました!今回のテストではBlackmagic Designの「ATEM Mini」を買うとダウンロード出来る専用ソフトを使いました。

グリーンバックに満遍なく光が当たっていないとキレイに切り抜けないなど…課題は山積みですが、今回買ったグリーンバックを使えば…ゲーム実況の動画などが一気にプロっぽく仕上がる事が分かってよかったです。

ATEM Mini ゲーム配信

ATEM Mini ゲーム配信

とはいえ…まだATEM Miniの使い方に慣れていないので勉強が必要ですが…カメラや機材の紹介もグリーンバックを使って撮影したいなと思っています。それじゃ!また!

created by Rinker
Blackmagic Design
¥45,500 (2020/09/18 14:32:58時点 Amazon調べ-詳細)

こちらの記事もどうぞ!

この記事が面白かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で
\シェア&高評価お待ちしてます!/
みんなの評価
1いいね!2いいね!3いいね!4いいね!5いいね! (3 投票, 平均点: 5.00)
読み込み中...

☆を選択するだけ!1番右の星をタップで5つ星評価に!

-ATEM Mini

© 2020 変デジ研究所