フォトブック

麻布を使った表紙がおしゃれ!無印も推奨する「おしゃれなフォトブック」BONを作ってみた感想

2020年3月13日

少し前に無印良品がオススメするフォトブックが気になる!という記事を書きましたが、発売元のBONさんから連絡を頂きレビュー用にフォトブックを作らせてもらいました。今回レビューするのは「麻布が表紙のMサイズ」と「クラフト紙が表紙のSサイズ」です。

今まで何十冊もフォトブックを作ってきましたが…デザインや質感がここまでおしゃれなフォトブックは初めてです。作り方も簡単だし家族との思い出や旅行の記録をおしゃれに残したい方におすすめです!

※フォトブックを広げた時の折れ目について追記しました(2020/03/26)

無印好きなら要チェック「BON(ボン)」でフォトブックを作ってみた

BON フォトブック 感想

今回BONで作ったフォトブックはこちらの2冊です。サイズや質感を比較出来るように写真やレイアウトは全く同じにしました。まずは麻布を使ったフォトブックから紹介していきますね。

無印 フォトブック BON

BONのフォトブックはS・M・XLの3種類で、MとXLが麻布を使ったタイプになっています。こちらは「A5 / 151 × 212mm」の「Mサイズ」なんですが、実は同じMサイズでも2種類あるんです。

ボン フォトブック Mサイズ

表紙に使う写真が縦位置か横位置か選べるようになっているので、お気に入りの写真に合わせた表紙をデザイン出来るようになっています。

リンク:BON公式サイトでフォトブックの種類を確認する

特徴:麻布を使った表紙

無印 フォトブック ボン 表紙

公式サイトを確認しても微妙に雰囲気が分かりにくかった「麻布の表紙」をアップで写してみました。白フチのある写真がフラットになるように製本されています。

無印良品 フォトブック レビュー

フォトブックのタイトルは表紙ラベルに。このタイトルですがフォトブック作成時に入力欄が無くて焦りましたが…オーダーする時に「追加情報」という場所に「オプションのカスタマイズ」があるので、ここで表紙ラベルのタイトルを入力します。文字数は少ないので名前や日付などシンプルなものにしましょう。

ボン フォトブック ラベル 文字

そして…無印良品好きなら嬉しくなる「MUJIBOOKS」のロゴもラベルに描かれていました。

MUJIBOOKS レビュー

麻布はグルっと表紙を巻き込むように製本されています。

MUJIBOOKS 製本

今までこんなフォトブックを見た事がないので新鮮です!結婚式やイベントで撮った写真をフォトブックにしてプレゼントしたら喜ばれそうな雰囲気です。それではフォトブックの写真ページや中身をチェックしていきましょう。

MUJIBOOKSの中身

MUJIBOOKS 中身

MUJIBOOKS 中身

表紙を開くと白い紙が1枚あり、開くとフォトページがスタートします。自分が作ったフォトブックは写真の数を抑えてシンプルなレイアウトで仕上げましたが、作成時は様々なレイアウトが選べます。

BON フォトブック 作り方

今回のフォトブックは金沢旅行の思い出をまとめたもので風景や食べ物の写真が多めです。フォトブックで気になるポイントといえば「画質」だと思います。ずっと残したい思い出をフォトブックにするなら綺麗な画質の商品を選びたいと思いますよね。

無印良品 フォトブック 感想

実際にBONで作ったフォトブックをチェックすると色の再現性も抜群ですしこれなら満足です!指紋などが付きにくい少しマットな紙質で反射も少なめで落ち着いた雰囲気です。

無印良品 フォトブック 感想

それでは今回作ったフォトブックの写真ページを少しだけご覧ください。

MUJIBOOKS レビュー

MUJIBOOKS レビュー

MUJIBOOKS レビュー

パソコンやスマホでチェックした写真とほぼ同じ色味でしっかりとプリントされています。フォトブックで重要なポイントは色の再現性だと思うのでこういう部分でも満足度の高いフォトブックに仕上がっていました。

しかし…一部のページは思いっきり押さえつけて開いたので折れ目が気になってしまいました(上の写真の下部)

※後日BONさんから連絡をいただき製本に不備があった事が分かりました。

フォトブック BON 製本

後日送ってもらったフォトブックは、フラットに開いても折れ目は真っ直ぐでキレイに製本されていました。これなら安心です。

MUJIBOOKS レビュー

とはいえ、自分はレビュー用に無理にフラットに開いたので…こんな感じで優しくページをめくって読んだ方がいいような気がします。

MUJIBOOKS レビュー

安いフォトブックだと空のグラデーションが汚くプリントされますが、BONフォトブックは空の色や暗い部分もしっかりと表現されていていい感じです。

MUJIBOOKS レビュー

最後のページはこんな感じ。シンプルにタイトルが書かれているだけです。他のフォトブックメーカーだと大きく会社名やロゴが書いてあるものもあるので、これくらいシンプルだと嬉しいですね。

以上が麻布タイプのフォトブックレビューでした!かなり長くなってきましたが…このままクラフト紙を使ったSサイズのフォトブックの外観も紹介していきます!

BONフォトブック:クラフト紙Sサイズ レビュー

ボン フォトブック Sサイズ

こちらはBONフォトブックのSサイズになっています。先ほどの麻布タイプとは違うクラフト紙を使った表紙がポイントです。サイズも可愛いし価格も手頃なのでこっちはこっちで需要がありそうな感じ。

ボン フォトブック Sサイズ

Sサイズの表紙も写真が少しへこんだ感じで製本されています。実際に手にすると「手作り感」を感じていい感じ。

ボン フォトブック Sサイズ

ボン フォトブック Sサイズ

ラベル部分はこんな感じ。こちらもMUJIBOOKSのロゴが描かれています。

ボン フォトブック 製本

クラフト紙の製本もしっかりしています。ただし…手が濡れていたり脂っぽいとシミが付いてしまうのでご注意を。

BON 画質

フォトページの画質はMサイズもSサイズも同じです。ですからクラフト紙で小さいのが良ければSサイズ、麻布を使った表紙に魅力を感じたらMもしくはXLサイズで選べばOKだと思います!とはいえ麻布タイプもおしゃれだし…コンパクトなSサイズも可愛いので迷っちゃうかも。

BON Sサイズ レビュー

BON Sサイズ レビュー

まとめ

無印良品 フォトブック

今回無印良品(MUJIBOOKS)推奨のフォトブック「BON(ボン)」を実際に作ってレビューを書いてみましたが、今まで作ったフォトブックとは全く違う質感で一度作ったらリピートしたくなる雰囲気だと思いました。無印良品が好きでインテリアや雑貨が好きな人にもアピール出来るし…気に入る人は多いと思います。可愛くておしゃれなフォトブックを作ってみたい方は是非チェックを!それじゃ!また!

こちらの記事もどうぞ!

この記事が面白かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で

-フォトブック

© 2020 変デジ研究所