MacBook Proのバッテリーが7ヶ月で93%に減ったので「Battery」アプリを使うことにした🪫

当ページのリンクには広告が含まれています。
MacBook Pro バッテリー 劣化 防ぐ

現在のメイン機は「14インチ MacBook Pro(M1 Pro, 2021)」ですが、昨年の夏まではiMacを使っていました。iMacはデスクトップ型なので、バッテリーに関する悩みはありませんでした。しかし、MacBook Proはスマホと同じで、何度も充電を繰り返すとバッテリーの最大容量が減っていきます。

現在使っているMacBook Proを買ったのは2023年の6月です。7ヶ月半ほど使って、現在のバッテリーはどれくらい減っているのかチェックしたら…93%に減っていました。

予想より最大容量が低下していることに驚きましたが、自分の使い方も悪いと思うんですよ。メインの使用は自宅になり、ほぼ「電源に繋ぎっぱなし」の状態で使ってきました。

しかし『バッテリー充電の最適化』をオンにしていたので、ある程度はMacが劣化を軽減してくれると思っていたんです。でもダメでした。まぁ、93%くらいだったら、問題なく使えますが、この先どんどん減っていく気がしたので、バッテリーの充電を最適化してくれるアプリを探してインストールしました。

目次

Battery

Battery アプリ Mac バッテリー制御

今回インストールしたのは「battery」というアプリです。GitHubからダウンロードするタイプなので、少しだけハードルが高い気もしますが『【ガジェット】Macの「Battery」アプリを半年使ってみたら良かった話』を読んだら、簡単でした。

Battery Mac バッテリー

使い方は簡単で起動して「Enable 80% Battery limit」にチェックが入っているか確認するだけ。このアプリを使えば、MagSafeで接続された状態でも充電を80%でストップしてくれます。

逆に、100%ある状態であれば、電源に接続されていても80%まで充電が減っていきます。自宅での使用であれば毎回80%までの充電でも問題ありませんが、外出することが突然決まった時などは、少し焦りそうです。事前に分かっていればオフにして100%まで充電することも可能です。

とはいえ、バッテリーの最大容量が減りまくって交換になったら、そっちの方がショックなので、80%上限で使っていこうと思います。それじゃ!また!

MacBook Pro バッテリー 劣化 防ぐ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてもらえたら嬉しいです
目次