イヤホン・ヘッドホン

【動画編集用】AKGのモニターヘッドホン「K240 Studio」を購入しました!ノイマンのケーブルを使うとさらに音質アップ!【コスパ抜群】

K240 STUDIO-Y3  ノイマン ケーブル

音楽を聴く時は無線のイヤホンやヘッドホンでも問題ありませんが、動画編集時は微妙な遅延が気になるので有線タイプを使うことが多いのですが、今まで使っていたカナル型のイヤホンだと外部からの音があまり聞こえず、さらに長時間の編集だと耳が痛くなったり疲れてしまうんですよね。

いろいろ調べてたどり着いたのが「外部からの音も聞きやすく長時間の編集でも疲れにくい開放型のヘッドホン」です。

ただし、本格的なスタジオなどで使われるヘッドホンは高級なんですよね…と、思っていたらAKGというメーカーから発売されている「K240 Studio」というセミオープン型のヘッドホンなら価格も安く評価も高い事を知りました。

スポンサーリンク

K240 Studio レビュー:世界のスタジオで愛用されるモニターヘッドホン

K240 Studio レビュー

今回自分が購入したのは「AKG K240 STUDIO-Y3」というヘッドホンです。

6,000〜7,000円程度で買えるヘッドホンになりますが、欧米のスタジオで多く使われていて、プロのエンジニアやミュージシャンにも愛用者が多い有名なヘッドホンです。

AKG K240 Studio かけ心地

最新型のヘッドホンと比較すると機能的に若干劣る部分もあるみたいですし、ブラックとゴールドのカラーリングは好みが分かれそうですが…プロケーブルという有名なサイトで「ヘッドホンで悩んだらこれしかありません!!」と激推しされていたのが最終的に選んだ理由です。

セミオープン型 ヘッドホン

このヘッドホンは自分が最初に欲しかった「開放型」ではなく「セミオープン型」になります。「密閉型」と「開放型」の間のような特性で…臨場感のある開放型に近い音質を実現しつつ遮音性は低いので外部からの音は聞こえるんです。

また側圧が軽く柔らかいイヤーパッドを採用しているので長時間使っても疲れにくい。完全にこれは自分が望んでいたヘッドホンそのもの!

AKG K240 Studio かけ心地

K240 Studioのヘッドバンドはサイズ調整が絶妙なのもポイントです。「セルフアジャスト機構」はバンド部分が自動で可動するので、頭部に合わせてぴったりとフィットします。

K240 Studio リケーブル

ケーブルはミニXLRの着脱式になっています。ケーブルが断線した時の交換も簡単ですし、使っていない時はヘッドホンを外して違う場所に置いておけるのも魅力です。

NEUMANN(ノイマン)のヘッドフォン用ケーブルに交換

ノイマン AKG K240 ケーブル

先ほど書いたようにミニXLRケーブルは着脱式になっているので、他社製のケーブルに交換する事も可能です。最初に書いたプロケーブルさんが、オススメしていた交換用ケーブルから、しなやかで取り回しが楽で音質もグッと上がるという「ノイマン ヘッドフォン用ケーブル」を購入しました。

ノイマン AKG K240 ケーブル

みなさんヘッドホンのケーブルってどれくらいの価格だと思いますか?高くても2000円くらいだと思いますよね?実はこのケーブル…2mで4,900円です!

6,000円のヘッドホンに4,900円のケーブルです(笑)

ケーブルを変えただけで音質がどれくらい変わるのか謎でしたが…実際に使ってみると純正ケーブルだと刺さるようなイメージだった高音域がグッと優しく柔らかになりました。全体的な音も聴きやすくなって…正直予想以上の効果でびっくりです!

まとめ

K240 STUDIO-Y3  ノイマン ケーブル

K240 Studioとノイマンのヘッドホンケーブルが届いてから数日、実際に動画編集や音楽を聴くのに使っていますが、一般的な高級ヘッドホンと比較すると低音が弱かったりするので聴く音楽によっては物足りなく感じる場面もあります。

しかし、楽器がどの場所でどんな感じで鳴っているのか?がしっかりと分かるので音の臨場感は他のヘッドホンより上でした!このヘッドホンで動画編集して、最終的に多くの方が使っているであろうAirPods Proで聴き直してオッケーだったら動画を公開する。そんな流れが定着しつつあります。

長時間使っても疲れにくいのでAmazonプライムビデオで映画を見る時にも使っています。とにかく予想以上の使い心地だったのでこれから長く愛用していくヘッドホンになりそうです!というより…これがあれば他のモニターヘッドホンは必要ない気がします。それくらい気に入りました。それじゃ!また!

こちらの記事もどうぞ!

この記事が面白かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で

-イヤホン・ヘッドホン

© 2020 変デジ研究所