【いらない?】AirPods Pro2、AppleCare+にあとから入った理由

Apple製品を愛用していますが、アップル独自の保証サービス「AppleCare+」は、ほとんど入ることがありません。唯一入ったのはApple Watch Nike SEを買ったときで、もうすぐ2年保証が切れるタイミングですが、1度も保証サービスを使っていません。

ですから、AirPods Pro(第2世代)も、AppleCare+に入らず購入しました。しかし…iPhoneで設定をチェックするたびに「AppleCare保証を追加できます(あと◯◯日)」というカウントダウンが気になってしまうんです(笑)

AirPods Pro2 AppleCare +

AppleCare+ for Headphonesについて

Appleの保証サービスについてですが、追加保証を使わなくても、製品購入後1年間のハードウェア製品限定保証と90日間の無償テクニカルサポートがついています。しかし、AppleCare+に加入すると、保証とサポートがAppleCare+の購入日から2年間に延長されます。

これにより、過失や事故による損傷に対する修理などのサービスを、1回につき3,700円(税込)のサービス料で利用回数の制限なく受けられるようになります。

AirPods Pro 2 アップルケア

ここでポイントになるのは「過失や事故による損傷に対する修理が何度でも可能」ということです。以前は2回までだった割引修理が回数無制限になっていました。もちろん、最初に書いたように1度も使わずに終わることも十分考えられますが、毎日使うものですし、利用回数制限が無いのは嬉しいです。

スポンサーリンク

値上げされた「AppleCare+」の価格

AirPods Pro AppleCare+ 価格

2022年7月に円安にともなう値上げがあり、以前は3,740円だった価格が「4,600円」になりました。第2世代のAirPods Proの価格は「39,800円」になるので、合計44,400円です。めちゃくちゃ高級なイヤホンになってしまいますが、不思議なもので本体購入時にセットで入るより、あとから入った方が安く感じます(笑)

AirPods Pro2、AppleCare+にあとから入るやり方

AirPods Pro2 AppleCare+ あとから

今回は、iPhoneの設定からAppleCare+に加入しました。その場合、プランを選択するとカメラが起動します。ここで支払いに使うクレジットカードを読み取ります。

カードを読み取り、3桁のセキュリティコードを入力。これで追加の保証が有効になります。

AppleCare+ 後から

まとめ

AirPods Pro 2 AppleCare+ 保証内容

AirPods Pro用のAppleCare+は4,600円になりますが、もし加入せず、1年以降2年以内にバッテリーがへたって交換したら7,500円になります。ですから、一回でも使ったら元が取れる計算ですが…1回も使わない可能性もあります。ですから、バッテリーが劣化するほど使いまくる気持ちがあれば加入するのがオススメ。

今、日本は円安でApple製品の修理価格も製品価格も高くなりました。ですから以前よりAppleCare+に加入する意味があると思うんですよね。自分は入ったらホッとしたし、悩んでる時間がもったいなかったので、最初から入ればよかったと思ってます(笑)

こんなことを書いていたら…iPhone 14 ProもAppleCare+に入った方がいい気がしてきたな。それじゃ!また!

created by Rinker
Apple(アップル)
¥39,800 (2022/12/03 09:55:04時点 Amazon調べ-詳細)

こちらの記事もどうぞ!

この記事が面白かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で

-AirPods