AirPods

【プチ改造】AirPods Proに形状記憶フォームを追加でフィット感と遮音性がアップ!※デメリットもあり

2020年4月23日

AmazonでAirPods Pro用のイヤーチップを探していたら「AirPods Proの装着感向上の為に購入した」とレビューを書いている人が多いアイテムを発見しました。少し改造的な作業が必要ですが、実際に試してみるとフィット感と遮音性がアップしていい感じだったので紹介していきます。

Amazon

スポンサーリンク

※デメリット面での追記あり

Symbio Eartips ハイブリッドイヤーピースをAirPods Proで使う方法

Symbio Eartips ハイブリッドイヤーピース

今回購入したのは「Symbio Eartips ハイブリッドイヤーピース」という商品です。ハンガリー生まれのシリコン素材と形状記憶フォーム素材を両方使ったイヤーピースで、1つ1つハンドメイドで作られているそうです。

AirPods Pro イヤーチップ 交換

Symbio Eartips Wタイプは、S/M/Lのサイズが用意されていますが、自分が購入したのは3サイズがセットになった商品です。絶対に使わないイヤーチップがあると思いましたが…自分は左右で違うサイズのイヤーチップを使っているのでセットで買った方が割安だと思ってこちらを選びました。

AirPods Pro イヤーチップ 交換

まずは本体から純正のイヤーチップを外します。真ん中に写っているのが純正イヤーチップ(Lサイズ)です。右に写っているのはSymbio Eartips ハイブリッドイヤーピース(Mサイズ)です。いろいろ調べてみると、純正よりワンサイズ小さいものを使うのがおすすめらしいです。

1:Symbio Eartipsイヤーピースを分解する

AirPods Pro イヤーチップ 改造

まずはSymbio Eartipsイヤーピースを分解します。1番外側の黒いシリコン素材をクルッとひっくり返すようにしてオレンジ色の形状記憶フォームだけを取り外します。このフォームを純正のイヤーチップに装着します。

2:純正イヤーチップにフォームを被せる

AirPods Pro 改造

純正のイヤーチップをひっくり返して、根本部分に先ほどの形状記憶フォームを装着します。

AirPods Pro 改造

こんな感じに取り付けたら、ひっくり返した部分を元通りにします。

AirPods Pro ウレタン

3:AirPods Proに装着する

AirPods Pro ウレタン

あとはAirPods Proに装着するだけで完成です。オレンジ色のフォームは一般的な耳せんと同じように形状記憶になっているので少し指で押してから装着して少し待つとフィット感が増します。外側はシリコンのままなのでパッと見は同じですが遮音性はグッとアップします。

これによりウォーキングしながらの使用でも抜け落ちる不安感がグッと減りました。ただし…密閉感が増したことでノイズキャンセルが効きすぎると感じるレベルになりました。ですから使い方によっては注意が必要かも。

また音質的にも違いがあり、低音がよく聴こえるようになりました。落下の危険性も減り音質も良くなり最高だと思いましたが…デメリットもあります。

AirPods Proの外部音取り込みモードはとても自然で使いやすい機能ですが…この性能がガクンと下がります。この辺りは一長一短かな。

スポンサーリンク

4:充電も問題なし

AirPods Pro イヤーピース 交換

改造後も問題なく充電出来ました。上の写真だと左右でイヤーチップの大きさが違って見えますが…自分はAirPods Proのデフォルト状態で、左耳がMサイズ、右耳がLサイズを使っています。ですから実際に使ったSymbio Eartipsイヤーピースは右耳がMサイズ、左耳がSサイズになります。

先ほど書いたようにこの改造でフィット感が抜群になり抜け落ちる心配はほぼなくなりましたが…長時間使用して耳の中に汗をかいたり、脂っぽくなると徐々に外側に押し出されるような感じになってしまいます。これは外側のシリコンの素材や形状の関係で仕方ない事なのかな?と思っています。

ですからこの改造でもフィット感が完璧にならない人もいると思いますが…とりあえずウォーキング時の不安が減って満足です。最近イヤホン関連のレビューばかり続いていますが、AirPods Proでランニングする時に使うパーツも購入したので近日こちらのレビューも書きますね。それじゃ!また!

スポンサーリンク

追記

AirPods Pro 充電されない

今までAirPods Proを使っていて充電されてない事なんて無かったのですが…この改造をした事で初めて充電切れになりました。左側は大丈夫でしたが…Lサイズの中にMサイズの形状記憶フォームをセットしたイヤホンが全く充電されていない状態になっていました。自分の入れ方が変だった可能性もありますが…毎回LEDを確認する事になりそうで落ち込んでます。完璧だと思ったのになぁ…残念です。

created by Rinker
シンビオイヤーチップス(Symbio Eartips)
¥2,018 (2020/11/23 13:13:50時点 Amazon調べ-詳細)

こちらの記事もどうぞ!

この記事が面白かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で

-AirPods

© 2020 変デジ研究所