変デジ研究所

トイデジ カメラ関連商品レビュー 撮影スポット

X-M1 カメラ内RAW現像

FUJIFILM X-M1

フィルムを選ぶ感覚で使える「フィルムシミュレーションモード」をX-M1のカメラ内RAW現像で試してみました。

投稿日:2013年10月6日 更新日:

FUJIFILM X-M1にはフィルムシミュレーションモードという設定があります。これは公式サイトの文章を引用すると「鮮やかな色再現を行うVelviaや、自然な肌色を表現するASTIAなど、フィルムを選ぶ感覚で、豊かな色再現性と階調表現を楽しめます。」って事なんですが、実はJPEGではなくRAWで撮影した場合は撮影後にフィルムシミュレーションモードを選択する事が可能なんです。

FUJIFILM X-M1:X-M1のカメラ内RAW現像を試してみました。

X-M1のカメラ内RAW現像を試してみました。

今回、X-M1のカメラ内RAW現像を試してみたのでパパっと記事にまとめていきます。他のメーカーのデジカメだと「スタンダード、ビビッド、ソフト」などと表現される事も多いんですが、X-M1は富士フィルムらしいネーミングが採用されています。

Pic_17 PROVIA/スタンダード
Pic_19 Velvia/ビビッド
Pic_21 ASTIA/ソフト

フィルムカメラが好きな自分としては『PROVIA、Velvia、ASTIA』なんて書いてあるとテンションがあがって思わず使いたくなるんですよね(笑)もちろん富士フイルムならではの色表現なんだと思いますがマニアが喜ぶ表現だと思いました。これ以外にフィルムシミュレーションモードにはモノクロとセピアもあります。

基本的にフィルムシミュレーションモードは撮影前に設定するものなんですが、先ほど書いたようにRAWで撮影した場合は 撮った後にフィルムシミュレーションモードを選択する事が可能 になっています。X-M1はカメラ内でRAW現像が出来るんですよ。これ楽しい!

_1090019

_1090020

_1090021

写真を撮った後にX-M1内のRAW現像で「Velvia」を選んでビビッドな写真に仕上げたり

X-M1:カメラ内RAW現像テスト

モノクロを選んでコントラストを強くしたり・・・

X-M1:カメラ内RAW現像テスト

わざわざカメラの中でやらなくてもいいのでは!?自分もそう感じましたが、、、後からフィルムシミュレーションモードを試せるのは便利ですし、無料の専用アプリ「FUJIFILM Camera Application」を使ってX-M1内でRAW現像した写真をスマートフォンに送信したりする事が出来るので、旅行の時などは便利に使える気もします。

X-M1の中でRAW現像をするだけで、イメージが違う複数の写真をカメラ内だけで作る事が出来るのは面白かったです。

X-M1:カメラ内RAW現像テスト

X-M1:カメラ内RAW現像テスト

ちょっと慣れが必要ですが、慣れればX-M1内で好きな色味のRAW現像が出来そうだな。そう思いました。

以下、今回X-M1内でRAW現像した写真です。

X-M1:カメラ内RAW現像テスト

X-M1:カメラ内RAW現像テスト

X-M1:カメラ内RAW現像テスト

X-M1:カメラ内RAW現像テスト

X-M1:カメラ内RAW現像テスト

※今回使用したカメラとレンズは「X-M1」と「XC16-50mmF3.5-5.6 OIS」です。

リンク:FUJIFILM ミラーレス一眼カメラ X-M1 ボディ

リンク:FUJINON 標準ズームレンズ F XC16-50mmF3.5-5.6 OIS

広告

この記事が面白かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で
\あなたのシェア&高評価お待ちしてます/
みんなの評価
1いいね!2いいね!3いいね!4いいね!5いいね! (2 投票, 平均点: 5.00)
Loading...

☆を選択するだけ!1番右の星をタップで5つ星評価に!

-FUJIFILM X-M1

Copyright© 変デジ研究所 , 2017 All Rights Reserved.