変デジ研究所

トイデジ カメラ関連商品レビュー 撮影スポット

WaiWaiWide

写ルンです

ワイワイワイド!撮りっきりコニカWaiWaiワイドのフィルムを入れ替えて使う話!

投稿日:2014年10月18日 更新日:

撮りっきりコニカWaiWaiワイドってご存じですか?正式名称は「撮りっきりコニカ MiNi 自分撮りもできるWaiWaiワイドフラッシュ付27枚撮り」というコニカが発売していた使い切りカメラです。簡単に書くと写ルンですみたいなカメラなんですが、、、このwaiwaiワイドってカメラ、、個人的に名機だと思っています。

撮りっきりコニカ MiNi 自分撮りもできるWaiWaiワイドフラッシュ付27枚撮り(ワイワイワイド)

ワイワイワイド
※2007年撮影(WaiWaiワイド)

このブログは2008年からやっているので、、、過去記事をチェックすればwaiwaiワイドのレビューがあるはず。そう思って調べたら!書いてない!変デジ研究所をスタートする前にひっそりやっていたブログにチラッと書いただけでした。という事で!今回はwaiwaiワイドのレビューを簡単に書いてみます。(書き終わったらめちゃくちゃ長くなりました 笑)

ワイワイワイド ワイワイワイド

写真が小さいのは、、、2007年当時、携帯電話で撮った写真だからです(笑)右側はWaiWaiワイドを分解した写真なんですが、、、このWaiWaiワイドは使い終わった後、本体を再利用する事でその強烈な個性が光り輝く名機なんです!

17mmの超広角レンズがインパクト大!

最初に書きましたが正式名称は「撮りっきりコニカ MiNi 自分撮りもできるWaiWaiワイド」です。カメラ本体には片手を伸ばし仲間と一緒に写真を撮るイラストが描かれています。自分撮りも出来る。これがポイントになります。

WaiWaiワイド

片手を伸ばして自分を含め3人を撮ろうと思ったらかなり広角のレンズじゃないと撮影出来ません。WaiWaiワイドには17mmの超広角レンズが搭載されています!さらに最短撮影距離は40センチです。この時代の使い切りカメラは被写体から1メートル以上離れて撮るのが普通だったのでかなり特殊な仕様になっています。ここで当時コニカが発表した文章を引用してみましょう。

日本の女性が自分撮りをする場合、カメラから顔までの距離がおよそ40cmほどになる。このため撮影距離を最短40cmとし、超広角で短焦点、被写界深度の深さを活かし更に無限遠までピントが合う事とした。

自撮りを意識して作り込まれたカメラなんです。この超広角レンズはF11で2群2枚玉のレトロフォーカスタイプが使われています。さらに「写す前に撮れる範囲が確認できる」のもポイントでレンズ周りがミラーになっています。

分解〜フィルム装填〜撮影

分解、フィルム装填までの手順は当時鈴木商店というお店のサイト内にあった掲示板からコピペしたテキストファイルが残っていたので引用します。

0. ボディーのシールを全て剥がしておきます。
1. カバーを外します。マイナスの精密ドライバーでこじると外れやすいです。以下同様。
2. 底のフィルムカバーを外します。
3. 裏ブタを外します。
4. スプールを取り出します。
5. スプールの溝にフィルムの先端を引っかけておきます。
6. WaiWai本体、裏ブタ、スプール、フィルムをダークバックに入れます。
7. ダークバック内で、フィルムをスプールに巻き取ります。
8. 巻き取れたら、本体にセットし、裏ブタをはめ込みます。スプールに巻き取ったフィルムが膨らまないようにセットするのがポイントです。裏ブタをきちんとはめ込むのはちょっとコツがいります。
9. ダークバックから出し、底にフィルムカバーをはめ込みます。
10. ファインダー横の窓にドライバーを入れ、ギアを送ってカウンタをセットします。カウンタは逆算式なので、フィルムの撮影可能枚数+数枚くらいにセットしておきましょう。撮る前には数枚空撃ちして、ちゃんとフィルムが送られているのを確認しておくといいと思います。

もしくは、

6.巻き取りスプールの下の部分の蓋(?)をスライドさせてはずします。
7.ギアを送って、巻き上げた状態にします。
8.フィルムとスプールを装填します。
9.カメラを元通りに組み立てます。

10.ファインダーの右の窓から、右に見える黒い部品を左の白い部品の上に精密ドライバーなどを使って乗せます。

11.その黒い部品が下がってこないように、爪楊枝などで下側を支えます。
12.シャッターボタンの手前の丸い穴にも、爪楊枝などを差し込みます。
13.6.の穴からマイナスドライバーを入れ、フィルムをスプールに巻き取ります。
14.巻き取り終わったら、11.12.の爪楊枝を抜き取ります。
15.一度巻き上げて、レンズを覆った状態でシャッターをきります。

これが最初難しくて、、、大変でした。暗闇でフィルムを巻き取るのが1番難しく、明るい場所で何度かフィルムを巻く練習をしてから装填しました(もちろん試したフィルムは使えません)それと内蔵している乾電池は取り外してください。感電すると怖いので。しばらく使ってないので、、、このテキストファイルを見てもやり方がイマイチ思い出せない(笑)

撮りっきりコニカWaiWaiワイド:作例

それでは最後にWaiWaiワイドで撮った写真をパパッと並べて終わりたいと思います!使い切りのカメラなので、、、現在入手が難しいと思いますがリサイクルショップのジャンクカゴなどに入っていたら即買いをオススメします!それじゃ!また!

撮りっきりコニカWaiWaiワイド:作例

撮りっきりコニカWaiWaiワイド:作例

逆光気味で撮るとフレアが強烈です!

撮りっきりコニカWaiWaiワイド:作例

撮りっきりコニカWaiWaiワイド:作例

撮りっきりコニカWaiWaiワイド:作例

ここから先はたぶんブログ初公開の写真です。

撮りっきりコニカWaiWaiワイド:作例

撮りっきりコニカWaiWaiワイド:作例

撮りっきりコニカWaiWaiワイド:作例

撮りっきりコニカWaiWaiワイド:作例

撮りっきりコニカWaiWaiワイド:作例

乾電池も抜いてあるので飛行機で撮れるのも好きでした。またWaiWaiワイドを持って旅行したいです・・・10台くらいもって(笑)それじゃ!また!

広告

この記事が面白かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で
\あなたのシェア&高評価お待ちしてます/
みんなの評価
1いいね!2いいね!3いいね!4いいね!5いいね! (6 投票, 平均点: 5.00)
Loading...

☆を選択するだけ!1番右の星をタップで5つ星評価に!

-写ルンです

Copyright© 変デジ研究所 , 2017 All Rights Reserved.