Vivitar ViviCam 5050:ビビッドモードが激しいトイデジ!

Vivitar ViviCam 5050

今回はVivitarの大人気トイデジ「Vivitar ViviCam 5050」のレビューや作例を振り返ってみましょう。

トイデジというブームが巻き起こった2008年。このデジカメを買って写真にハマったという方も多いのでは!?とにかくビビッドで激しい色味が特徴のトイデジ!ビビカム5050!まずは開封レビューから!

広告

Vivitar ViviCam 5050(ビビター ビビカム5050):開封レビュー

今回はまとめという事で開封レビューの画像も2008年当時の写真です。この「 ViviCam 5050」が人気になってからはメニュー等も日本語に対応しましたが初期型は英語メニューのみ。説明書だけギズモショップさんオリジナルの日本語版が付属していました。

Vivitar ViviCam 5050

Vivitar ViviCam 5050

Vivitar ViviCam 5050

Vivitar ViviCam 5050

Vivitar ViviCam 5050

Vivitar ViviCam 5050

Vivitar ViviCam 5050

単4乾電池✕2本で動きます。で、このViviCam 5050が人気になった最大の理由は、、、ビビッドモードです。原色、特に赤が強烈に写ります。

ViviCam 5050:ビビッドモード

まずホワイトバランスは「太陽光」で「カラーモード:ビビッド」「シャープネス:固い」「彩度:高い」に設定しました。その後設定を変更しながら4回撮影したのが次の画像です。ビビッドからスタンダード、彩度も普通と低いの二種類。この設定だけでかなり色味が変化します。

ViviCam 5050:ビビッドモード

室内、屋外どちらでも赤っぽい色味の被写体を狙って撮るのがポイントで、、、とにかく激しい写真が撮れます!

のっぺらぼうポスト

ピンク:Vivitar ViviCam5050

ビビッド多肉:Vivitar ViviCam5050

Vivitar ViviCam5050

Vivitar ViviCam5050

Vivitar ViviCam5050

こういった安いデジカメはアイデア次第でさらに楽しめます。個人的にvivicam5050で撮った写真で気に入っているのは、、、万華鏡レンズをレンズの前にあてて撮った写真です。

万華鏡レンズ

万華鏡のお店で買ったグッズなんですがこれをレンズの前にあてて撮影すると・・・

ViviCam5050

ViviCam5050

ビビッドモードの激しい色味と不思議な雰囲気がミックスされました!こういう撮り方が本当に好きなんですよ。クリップ型のマクロレンズを使えばこんな写真も撮れます。

ViviCam5050 マクロ

ViviCam5050 マクロ

Vivitar ViviCam 5050 防水ハウジング

さらにVivitar ViviCam 5050の「防水ハウジング」も発売されていたんですが、これも人気だったんですよ。

ViviCam 5050 防水ハウジング

ViviCam 5050 防水ハウジング

ViviCam 5050 防水ハウジング

ただ自分は、、、あまり海とか川とかで撮影しないのでいい作例がありませんが雨の日に防水ハウジングに入れて何気ない日常を撮るのもおすすめです(笑)

Vivitar ViviCam 5050 防水ハウジング:写真

Vivitar ViviCam 5050 防水ハウジング:写真

Vivitar ViviCam 5050 防水ハウジング:写真

GIZMON トンネルエフェクター

無理やり周辺減光効果を作り出す「GIZMON トンネルエフェクター」というアイテムもありました。

GIZMON トンネルエフェクター

GIZMON トンネルエフェクター

Vivitar ViviCam5050

Vivitar ViviCam5050

今回久しぶりにViviCam5050の写真をチェックしましたがやっぱり面白いカメラですね。今まで買ったトイデジで1番枚数を撮ったカメラだと思います。長く使うと少しグリップ部分がベタついてくるのが気になりますけどね・・・

で、2012年くらいまで「オススメのトイデジは何ですか?」って聞かれると『ビビカム5050!』と即答していました。

今でも大好きなカメラなんですけどね。誰でにも使えてトイデジらしいビビッドな色味が楽しめるのがポイントです。はい!今回はトイデジの名機「ViviCam5050」のレビューをまとめてみました!それじゃ!また!

ベネッセ(進研ゼミ)のデジカメZが熱い!あの名機ViviCam5050と同じ!?
先日大量に届いたトイデジの中から今回紹介するカメラは、、、進研ゼミ小学講座のポイントを貯めるともらえるデジカメです!その名も・・・「デジカメ...
あのホルガがトイデジに!HOLGA DIGITAL(ホルガ デジタル)レビュー
あのホルガがトイデジに!という事でフカクテイキロクボの@kinchaaanさんが『HOLGA DIGITAL』を持っていたので少しだけ触らせ...
ヤシカが誇る名機(迷機)!?「YASHICA EZ F924」レビューまとめ
今回は2009年に購入したヤシカのEZ F924!このカメラに関するレビューをまとめてみました。過去にアップした記事は全部で12個でバラバラ...
広告
この記事は 26人の方にシェアされています。
あなたの「シェア&高評価」お待ちしてます!
みんなの評価
1いいね!2いいね!3いいね!4いいね!5いいね! (6 投票, 平均点: 5.00)
Loading...

☆を選択するだけ!1番右の星をタップで5つ星評価に!
Vivitar ViviCam 5050:ビビッドモードが激しいトイデジ!
この記事が面白かったら
「いいね!」しよう!
Facebookで最新情報をお届けします!

ブログ運営者の日常もフォローしてチェック!

このブログを購読する!

feedly 購読 Push7 購読

コメント

  1. celeste より:

    懐かしいてす!
    ViviCam の5050と8027(新ファーム)も、ろんすたさんのブログを拝見して購入しました!
    調子にのって、8027の旧ファームやclassicまで手を出してしまい(笑)
    また引っ張り出して使いたくなってしまいました。
    因みにラバーのベト付きの解消方法ですが、色々なやり方が有ります。
    私の場合は、柔らかい綿100%の下着の端切れか100均のメガネ拭き+白い液状のピカールで時間をかけて気長に磨いてから、タミヤ模型の自動車プラモ用のモデリングワックスを薄くすり込んで仕上げます。妙なツヤが出てしまいますが、これが一番楽チンです。元々ネオクラカメやハイテクプラカメのラバー部分のメンテでやっていた方法です。
    ピカールの使い方はコツがあるので別途検索を。
    以上、失礼しました。

  2. lonestar より:

    >celesteさん
    おお!このブログがきっかけで購入されたんですね!
    それは嬉しい!

    ラバーのべとつき問題。

    これは凄く参考になります!!!やってみますね!!!

  3. 名前ですか? より:

    マクロ撮影が綺麗に撮れるのとノーマルカラーでも味のある感じが出るのでいいですね。
    OEMで他者の物はラバーがないタイプもありました。

    • lonestar より:

      名前ですかさん
      コメントありがとうございます!
      ノーマルでもいい感じで撮れるのも魅力ですよね!
      ベネッセのデジカメZは同じタイプでラバー無しなので
      べとべとしなくて気に入ってますヽ(´ー`)ノ