15年ぶりに登呂遺跡に行った。この先ずっと忘れないようにフィルムカメラで撮影した。

登呂遺跡

人の記憶とは曖昧なもので…一度行った場所でも写真で残しておかないと…それがどんな場所だったのか忘れてしまう事も多いんですよね。若いころは全てを覚えている気でいたんですけど(笑)

15年くらい前に一度行った事があるはずの登呂遺跡と芹沢銈介美術館。芹沢銈介美術館についてはポストカードを購入していたので何となく覚えていたんですが、その隣にある登呂遺跡については全く覚えていません。

芹沢銈介美術館

広告

登呂遺跡公園:ミノルタ SRT101

という事で記憶に残っていない登呂遺跡に15年ぶりに行って写真を撮ってきました。予想以上にテンション上がりまくりの撮影スポットでした。

登呂遺跡といえば「竪穴式住居」が有名なんですが…このブログでは新城市にある釜屋建民家の写真を事あるごとに載せてきました(参考リンク:わらぶっきーの歴史:トイデジ41機種撮り比べ)そんな事もあり、、、茅葺き屋根には妙な愛着があるんです。

th_30890024

以前行ったことがあるはずの登呂遺跡ですが…本当に行ったことがあるのか分からないレベルで記憶になかったです(笑)やっぱり写真で何度も見返す事は記憶を定着させる事にも繋がっているんだなぁって思いました。どんどん写真は撮るべきですね。

登呂遺跡

デジカメで撮った写真のデータでも十分記憶に残りますが、、、フィルムカメラで撮ってプリントした写真になるとさらに情報が詰め込まれて強く記憶に残ります。

登呂遺跡公園

自分の場合フィルムカメラを使って撮った写真を見ると「使ったカメラの事」「使ったフィルムの種類」「プリントしたお店の事」などなど、、、写っている被写体以外に思い出すことが増えるんですよね。これが色々リンクして記憶が次々と蘇ってくるんです。

現像・プリント:大野写真研究室

竪穴式住居

登呂遺跡の話に戻りますが、広い公園内にポコポコと屋根だけが点在しているような風景は本当に可愛い!中に入れるものもあるのでテンション上がりまくりです。

登呂遺跡 水田

竪穴住居と高床式倉庫が復元されていますが、それだけがポイントではなく、、水田も復元されたものになります。弥生時代にお米を作ってこういう家に住んでいたのかと思いを馳せるのも楽しい。

登呂遺跡は覚えてなかった事もあり、、、とにかく行けてよかったし写真を撮れてよかったと感じる事が出来る場所でした。

芹沢銈介の家

芹沢銈介の家
撮影ツマー:PENTAX K-70

最後に芹沢銈介美術館横にある「芹沢銈介の家」で撮った写真を数枚載せて終わります。こちらは無料で観ることが出来ます。同じくフィルムカメラで撮った写真です。

芹沢銈介の家

芹沢銈介の家

芹沢銈介の家

芹沢銈介の家

いつもはブログのネタになるように綺麗に撮れるミラーレス一眼などで撮影しますが、今回はミノルタ SRT101にフジカラー100を入れてそれだけで撮りました。これもブログネタになっているので同じようなものなんですが、、、何となくのんびりとした気持ちになれました。

どんな事も全部覚えておくつもりはありませんが、数年後プリントした写真を見てあれこれツマーと話したりするのが楽しみです。そのためにも、、、たくさん撮ってたくさんプリントしようと思います!それじゃ!また!

リンク:静岡市立登呂博物館
リンク:静岡市立芹沢銈介美術館

広告
この記事は 36人の方にシェアされています。
あなたの「シェア&高評価」お待ちしてます!
みんなの評価
1いいね!2いいね!3いいね!4いいね!5いいね! (7 投票, 平均点: 5.00)
Loading...

☆を選択するだけ!1番右の星をタップで5つ星評価に!
15年ぶりに登呂遺跡に行った。この先ずっと忘れないようにフィルムカメラで撮影した。
この記事が面白かったら
「いいね!」しよう!
Facebookで最新情報をお届けします!

ブログ運営者の日常もフォローしてチェック!

このブログを購読する!

feedly 購読 Push7 購読