フォーカス位置を後から変更出来るMacアプリ「Super Refocus」を試してみました。

Super-Refocus

簡単な操作で写真のフォーカスを後から変更出来るMacアプリ「Super Refocus – 写真のレンズエフェクト」が期間限定無料セールになっていたのでダウンロードしてみました。

広告

Super Refocus – 写真のレンズエフェクト:使い方

今回加工に使ったのはコチラの写真。この写真をSuper Refocusに読み込んで加工していきます。

Super Refocus

まずはアプリを起動したら、画面に加工したい写真をドラッグして読み込みます。

Super Refocus

先ほどの写真を読み込むとこうなります。

Super Refocus

左が編集画面、右の画面で加工後のイメージをプレビューしながら作業が出来ます。

Super Refocus

使い方は本当に簡単です。ぼかしにつかう範囲を四角で選択して、フォーカスしたい部分をマウスでなぞるだけ。まずは真っ直ぐ1本線を引いただけで保存してみましょう。

Super Refocus

多少違和感がありますが、、、簡単にボケ加工を楽しむ事が出来ます。

Super Refocus

青い線を引くことで細かくボケを調整する事も出来ます。

Super Refocus

Add focus to photos 4

Add focus to photos 1

iPhoneやスマートフォンで撮影したボケ感がない写真もこのアプリを使えば雰囲気のあるボケ写真に加工する事が出来ます。注意点としては、線を引くだけでアプリが自動的にボケを調整してくれる事です。赤い線で全部を選択すると失敗してしまいます。

Add focus to photos 6

Super Refocus:ダウンロードはコチラから

Super Refocus – 写真のレンズエフェクト App
カテゴリ: 写真:価格: 無料

※価格は掲載時のものです。購入前に必ずご確認ください。

主な機能:

1.画像をドラッグ&ドロップしてインポート。
2.シンプル且つ直感的なインターフェース。焦点の決定後、残りの部分に自動でぼかし効果を適用。
3.ライブプレビュー機能。
4.焦点エリアをより鮮明にするSuper Refocus独自の画像エンハンス機能。
5.レンズのぼかし度合いを調整する事で、最適なぼかしを選択。
6.Super Refocusの絶妙な遠近感を演出する5段階ぼかしレベル。
7.無制限の“元に戻す/進む”操作。
8.ファイル名とファイル種類のカスタマイズ。
9.全定番拡張子に対応。(RAW, ARW, BMP, JPG, PNG, GIF, TIFFなど)

Add Focus to Photos: How to add focus to photos on Mac

これは便利!画像加工アプリ「Snapseed」にトーンカーブ機能が追加されました!
iPhoneやAndroidスマホを購入して最初に画像加工アプリを入れるとしたら…自分はとりあえず「Snapseed」をインストールします。...
シネマグラフ!あなたの写真が動き出すアプリ「Cinemagraph Pro」
動く写真とも言われている 『Cinemagraph』 (シネマグラフ)ってご存じですか?ニューヨークの写真家Jamie Beckさんが発表し...
Mac用多重露光アプリ『Multiple Exposed Holic』を試してみました。
電波系ブロガーのkaraage. さんが、人気カメラアプリ「CAMERAtan」の多重露光機能にインスパイアされてMacアプリを自分...
広告
この記事は 59人の方にシェアされています。
あなたの「シェア&高評価」お待ちしてます!
みんなの評価
1いいね!2いいね!3いいね!4いいね!5いいね! (1 投票, 平均点: 5.00)
Loading...

☆を選択するだけ!1番右の星をタップで5つ星評価に!
フォーカス位置を後から変更出来るMacアプリ「Super Refocus」を試してみました。
この記事が面白かったら
「いいね!」しよう!
Facebookで最新情報をお届けします!

ブログ運営者の日常もフォローしてチェック!

このブログを購読する!

feedly 購読 Push7 購読