スクエア写ルンです:正方形の写真が撮れる写ルンです!

スクエア写ルンです

スクエア写真が撮れる事で人気だった「スクエア写ルンです」のレビュー記事まとめです。スクエア写ルンですのパッケージは様々な柄が発売されましたが、こちらはお友達のtsurujunさんがデザインした商品になっています。

広告

スクエア写ルンです:レビューまとめ

この写ルンですは「カメラピープルオリジナル写ルンです」という事で、2010年当時はmonogramの実店舗で購入出来ました。それでは少しだけ外観をチェックしていきましょう。

スクエア写ルンです

このカメラの中に入っているフィルムは「NATURA1600」です!シャッタースピードと絞りが2段階のスイッチで切替えが出来るのが特徴なんですがどんな違いがあるのか簡単に書いておきます。

スクエア写ルンです

通常フラッシュモード:F11 1/120

・屋外日中向け(フラッシュ撮影も可能ですが、暗いところではきれいに写りません。逆光用です。)
・シャッタースピードは速めです。動きが止まって撮影されます。

微発光モード:F5.6 1/45

・夜間や室内向け。明るく撮影されます。(フラッシュは必ず光ります)
・シャッタースピードは遅めです。動きが流れるように撮影されます。

微発光モードにすると!こんなに可愛い!

スローシャッターでやさしい雰囲気の仕上がりになるという微発光モードにすると☆の形に穴が空いたディフューザーが出てきます!こんな細かい部分までオシャレになってるとは・・・

スクエア写ルンです:作例写真

それではこちらの「スクエア写ルンです」で撮影した写真を何枚かご覧ください!それとこのカメラは「スクエア写ルンです:現像&プリント対応店舗」にお願いしないと真四角写真に仕上げてもらえません。この時はマッキナフォトにお願いしました。凄くいい感じに仕上がりました!

スクエア写ルンです:作例写真

スクエア写ルンです:作例写真

スクエア写ルンです:作例写真

スクエア写ルンです:作例写真

スクエア写ルンです:作例写真

ばっちり真四角写真で仕上がってきました。色味も最高!ここで「スクエア写ルンです」で撮影するときのテクニックというかコツを少しだけ書いておきます。

まず1600の高感度フィルムが入っていますが、、、ベースは写ルンですになっています。プラスチックの安いレンズになります。基本は屋外撮影で、室内で撮るときは1600のフィルムですがしっかりフラッシュを使いましょう!その方が失敗が少なくなります。

現在「スクエア写ルンです」は販売終了しているので購入できませんが、、、高感度フィルムが入った「ハイスピード写ルンです」で撮影するときも、1600の高感度フィルムだと思って安心せず、、、暗かったらフラッシュを使うのがポイントになります!それじゃ!また!

オリンパスOM-1のホットシュー取り外し方法
先ほどお客さんからオリンパス OM-1を見せてもらってお話をしていたんですが、先日知り合いに「ホットシュー部分を外すと汚れてる事があるのでチ...
「クリアショットM」は最高のトイカメラ!
少し前に岡崎市の桜を撮影する撮影会を開催したんですが、その時使ったクリアショットMという安いカメラが本当に好きな写りだったのでパパッと紹介し...
広告
この記事は 5人の方にシェアされています。
あなたの「シェア&高評価」お待ちしてます!
みんなの評価
1いいね!2いいね!3いいね!4いいね!5いいね! (2 投票, 平均点: 5.00)
Loading...

☆を選択するだけ!1番右の星をタップで5つ星評価に!
スクエア写ルンです:正方形の写真が撮れる写ルンです!
この記事が面白かったら
「いいね!」しよう!
Facebookで最新情報をお届けします!

ブログ運営者の日常もフォローしてチェック!

このブログを購読する!

feedly 購読 Push7 購読