50mm単焦点じゃなくタムロン SP45mm F1.8 Di VCが欲しい理由

しばらく前に50mmの単焦点レンズ:ニコンの一眼レフで使える各メーカーのレンズを11種比較という記事を書きましたが…いまだにレンズ買ってません(笑)1番悩んでいる理由は…最短撮影距離です。

50mmの単焦点レンズって意外と被写体に近づけないんですよね。例えば自分が使っている「AI AF Nikkor 50mm f/1.8D」の最短撮影距離は0.45mです。

このレンズで居酒屋に行きカウンター席で目の前にある料理を撮ろうと思うと…立ち上がらないとピントが合わないなんて事も多いんですよ。

最短撮影距離 50mm 単焦点

こちらの写真も座ったままだとピントが合わなかったので立ち上がって写真をとりました。そこでもう少し最短撮影距離が短いレンズを考えてみました。

広告

50mm単焦点と同じような雰囲気で使えて被写体にグッと近寄れるレンズ

ニコンだと「NIKON AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED」を選べばマイクロレンズだしグッと被写体に近寄った撮影が可能です。自分は家族の写真もよく撮るのでポートレートにも使えそうだしニコン純正なのに予想より安い!このレンズかな!そう思ったんですが…

60mmでカウンターに座って料理の写真を撮ると…予想より長い印象でした(ズームレンズで試した)やっぱりもう少しワイドに撮れた方がその場の雰囲気も分かるし…悩みながら他の候補を探してみました。

いろいろ調べて現在候補に上がっているのがTAMRON SP 45mm F/1.8 Di VC USD (Model F013) というレンズです!

タムロン SP45mm

※画像はタムロン公式サイトより

50mmより少しだけ広く撮れる45mmという画角。そして…SP45mm F1.8の最短撮影距離は0.29mです。50mmの単焦点よりグッと近接撮影が可能なレンズなんです!

タムロンには「SP 35mm F/1.8 Di VC USD」というレンズもありまして、こちらも0.2mという最短撮影距離がポイントのレンズです。しかし…35mmって近い距離で人物を撮ると少しだけ湾曲が気になるんですよね。

色々悩んで…「人物の写真も撮る&テーブルフォトも撮る」って考えるとSP45mm F1.8が使いやすいのかな?って考えにまとまりつつあります。ちなみにSP45mmの定価は9万円ですが現在のAmazon価格は66,259円です。

自分の使い方だとSP45mm F1.8なのかな?って考えに決まりつつありますが…この記事を読んだ方で「人物の写真も撮る&テーブルフォトも撮る」レンズでオススメってありますか?もしあったら…SNSやコメントなどで教えてくださいませ!それじゃ!また!

2017/04/27 追記

悩みに悩んで…TAMRON SP45mm F1.8 Di VCを購入しました!簡単なレビューも書きました。どんな写りなのか是非以下のリンクからチェックを!

【TAMRON SP45mm F1.8VC】ポートレートにテーブルフォトにオールマイティーに使える便利な単焦点レンズ
少し前に50mm単焦点じゃなくタムロン SP45mm F1.8 Di VCが欲しい理由という記事を書きましたが…悩みに悩んで買っちゃいました...
強烈なグルグルボケ!ロモのペッツバールレンズ「New Petzval 85 Art Lens」を使ってみた!
ロモグラフィーから2014年に発売された金色に輝く強烈な見た目のレンズをご存じでしょうか?1840年にウィーンでペッツヴァール氏が発明したポ...
便利ズームはやっぱり便利だった!タムロン28-300mm F/3.5-6.3 Di VC PZDをNikon D750で使ってみた!
先日Nikon D750で接眼目当てを三種類試してみた!パナソニックのマグニファイヤーアイカップが抜群に見やすい!という記事にチラッと書きま...
Nikon D750で接眼目当てを三種類試してみた!パナソニックのマグニファイヤーアイカップが抜群に見やすい!
密かに中古でNikon D750をゲットしていた@monestarです!いつもなら開封レビューからスタートするんですが…今回は接眼目当てを三...
広告
この記事は 23人の方にシェアされています。
あなたの「シェア&高評価」お待ちしてます!
みんなの評価
1いいね!2いいね!3いいね!4いいね!5いいね! (5 投票, 平均点: 4.20)
Loading...

☆を選択するだけ!1番右の星をタップで5つ星評価に!
50mm単焦点じゃなくタムロン SP45mm F1.8 Di VCが欲しい理由
この記事が面白かったら
「いいね!」しよう!
Facebookで最新情報をお届けします!

ブログ運営者の日常もフォローしてチェック!

このブログを購読する!

feedly 購読 Push7 購読