変デジ研究所

📸写真を撮るのが少しだけ楽しくなるブログ

写ルンです

懐かしの「Polaルンです」を再レビュー!シャッタースピードや絞りをスイッチ1つで変更出来る写ルンです!

投稿日:2018年2月20日 更新日:

Polaルンです レビュー

昨日、プリントの色味を3種類から選べる写ルンです「Select Shot(セレクトショット)」が軽米写真館から発売になるという記事を書きました。その中でチラッと2010年に発売されていた「Polaルンです」というカメラの事を紹介しましたが…8年前の話になるので知らない人も多いt思い、改めてどんなカメラだったのかまとめておきます。

スポンサーリンク

Polaルンです:レビュー

polaルンです

Polaルンですは軽米写真館さんオリジナルのフィルムカメラでベースになっているのは、シャッタースピードや絞りをスイッチ1つで変更出来る「写ルンです Night&Day Super」です。この写ルンですにオリジナルのカバーを装着、そして専用ポーチがセットになって販売されていました。

Polaルンです

全て2010年にレビューした時の写真を使っているので…けいおん!が写り込んでいます。好きだったなぁ…(笑)

で、本体の右側にある緑色のダイヤルがフラッシュモードの切り替えスイッチです。ここを切り替える事でシャッタースピードと絞り、そしてフラッシュの発光を調節する事が出来ました。

通常フラッシュモード:F11 1/120

・屋外日中向け(フラッシュ撮影も可能ですが、暗いところではきれいに写りません。逆光用です。)
・シャッタースピードは速めです。動きが止まって撮影されます。

微発光モード:F5.6 1/45

・夜間や室内向け。明るく撮影されます。(フラッシュは必ず光ります)
・シャッタースピードは遅めです。動きが流れるように撮影されます。

写ルンです ナイトアンドデイ

微発光モードにすると星の形に穴が空いたディフューザーが出てきます。これによりフラッシュの光が柔らかくなります。

写ルンです Night&Day

この写ルンです…今発売したら絶対に売れるのに。復活してほしい!

話がそれましたが…「Polaルンです」の作例写真を。

Polaルンです:作例写真

この「Polaルンです」も昨日紹介した「Select Shot(セレクトショット)」と同じ雰囲気で、本体&専用ポーチ、プリント代金、データCD、返送費などがセットになって販売されていました。

polaルンです

これが軽米写真館さんから送られてきたPolaルンですの写真です。ポラロイド風のプリントで画像はスクエアになっています。写ルンですで撮った写真がこんな感じでプリントされるのは本当にビックリでした!っていうか今でもビックリです(笑)

Polaルンです 画像データ

そしてプリントされた写真だけじゃなくポラ加工されたデータもCDに入って送られてきます。このとき加工されたデータだけじゃなく…元データも入っているのが嬉しいポイント。

Polaルンです 画像データ

自分は何度かPolaルンですを使いましたが、本当に楽しいカメラでした。

Polaルンです 作例写真

Polaルンです 作例写真

ポラルンです

ポラルンです

ただ…真四角にトリミングされてポラロイド風に加工される事を意識せずに写真を撮ると…

Polaルンです 失敗写真

こんな感じで失敗写真になってしまう事も。とにかく出来上がってくるまでのドキドキも楽しかったし個人的に思い入れのある機種です。ただすでに生産されていないカメラになるので…同じような雰囲気を味わいたかったら「セレクトショット」を買って「チェキスクエア風」でオーダーするのがいいかも。

今回の記事に載せていない「Polaルンです」と「スクエア写ルンです」の作例写真はflickerにまとめてあるので、写りが気になった方は下のリンクからご覧ください。それじゃ!また!

この記事が面白かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で
\シェア&高評価お待ちしてます!/
みんなの評価
1いいね!2いいね!3いいね!4いいね!5いいね! (3 投票, 平均点: 5.00)
Loading...

☆を選択するだけ!1番右の星をタップで5つ星評価に!

-写ルンです

Copyright© 変デジ研究所 , 2018 All Rights Reserved.