オリンパスワイド2 後期型(OLYMPUS WIDE II Wマーク)

OLYMPUS WIDE II

オリンパスが1959年に発売した「オリンパスワイドII(後期型Wマーク)」です。これは55年に発売された「オリンパスワイド」の後継機なんですが、オリンパスワイドIIにも2種類あります。

58年に発売されたワイドIIの価格は15900円で、後期型のWマークはさらに価格が下がり11,500円でした。正面にWマークが付いているのが特長です。

広告

オリンパスワイドII(後期型Wマーク)

初期のオリンパスワイドはノブ式の巻き上げでしたが、ワイドIIになると巻き上げレバー方式になっています。シャッタースピードも1/300秒から1/500秒に。

オリンパスワイド2

レンズは「OLYMPUS D.ZUIKO-W 35mm F3.5」ピントは目測です。シャッタースピードはB(バルブ)1 ~ 1/500でございます。セルフタイマーも付いていましたよ。

OLYMPUS WIDE 2

ファインダーを覗いてみると意外と明るいんですね。採光式のブライトフレームファインダーです。

オリンパスワイド

しかし、35mmがワイドレンズって今だと何となくピンと来ない方も多いのでは!?これを見せてくれた友だちも「ワイドって書いてあるから、何か取り付けたらワイドで撮れるんじゃないの?」と話していました。

この初期オリンパスワイドが発売になった当時、レンズシャッター機種は45mmの標準レンズがほとんどで、交換レンズになると高額で一般人が気軽に買えるものではなかったそうです。ですから、価格も安いオリンパスワイドはスナップ撮影で大人気になったんですね。うーん勉強になりました!それじゃ!また!

ライカ ミニルックスズーム(Leica Minilux Zoom)
先日知り合いに見せてもらったカメラを紹介します。今回のカメラ百景はライカ ミニルックスズーム(Leica Minilux Zoom)です!ラ...
「京セラ Tプルーフ」カールツァイス テッサーT* 35mm/F3.5が搭載されたコンパクトカメラ!
先日EYESIGHT/INSIGHTの髙橋圭介さんが京セラの名機「Tプルーフ」を持っていたので見せてもらいました。以前から気になっていたコン...
初めてのハーフカメラ「Diana Mini(ダイアナミニ)」を夫婦二人で使ってみた。
変デジ研究所では100台以上のカメラをレビューしていますが、、、実はハーフカメラを使ってレビューを書くのは初めてなんです。今回ツマーと二人で...
広告
この記事は 23人の方にシェアされています。
あなたの「シェア&高評価」お待ちしてます!
みんなの評価
1いいね!2いいね!3いいね!4いいね!5いいね! (1 投票, 平均点: 5.00)
Loading...

☆を選択するだけ!1番右の星をタップで5つ星評価に!
オリンパスワイド2 後期型(OLYMPUS WIDE II Wマーク)
この記事が面白かったら
「いいね!」しよう!
Facebookで最新情報をお届けします!

ブログ運営者の日常もフォローしてチェック!

このブログを購読する!

feedly 購読 Push7 購読