GX7で付属ソフトウェアSILKYPIXを使ってみました。

SILKYPIX LUMIX DMC-GX7

GX7には高品質RAW現像ソフト「SILKYPIX」が付属しています。GF1〜GX1〜GX7と愛用しているルミックスシリーズですが、毎回この付属ソフトをインストールしています。基本はRAW現像ソフトですがJPEGだけで撮影している方にもオススメ。今回は少しだけSILKYPIXの紹介を!

広告

LUMIX DMC-GX7:SILKYPIX

SILKYPIX

GX7に付属のCDからSILKYPIXをインストールします。インストールされるのは「SILKYPIX Developer Studio 3.1 SE」ですが、アップデートする事で「SILKYPIX® Developer Studio 4.1 SE」を使う事が出来ます。

毎回SILKYPIXをインストールしていますが、、、GF1に付属のSILKYPIXはGF1だけで使えて、GX1のSILKYPIXはGX1だけで使えます。新しいカメラを買ったらそのカメラに付属しているSILKYPIXをインストールする必要があるんですよね。対応機種以外のファイルを読み込もうとするとこんな画面に。

SILKYPIX

様々なカメラを使っていて使い分けるのが面倒な方には製品版もあります。

リンク:市川ソフトラボラトリー SILKYPIX Developer Studio Pro5 Win/Mac

SILKYPIXを使って写真を加工してみよう

今回はしっかりRAW現像する方法ではなく、JPEGで撮った写真を簡単にSILKYPIXを使って加工する方法です。

GX7 作例

こちらの写真はGX7のハイキーモードで撮った写真です。この写真をベースに加工してみましょう!

SILKYPIX

まずはSILKYPIXに読み込むとこんな感じに左に操作パネルがありますが、今回使うのはワンタッチで写真を仕上げる「テイスト」機能です。これ本当に簡単です!

SILKYPIX テイスト

上の画像、ファインストリートからインスタントフィルムまではSILKYPIXデフォルトのテイストです。これらを選ぶだけで一気に写真の雰囲気が変わります!まずはノスタルジックトイカメラを選んでみましょう。

ノスタルジックトイカメラ

ノスタルジックトイカメラ

周辺減光がポイントでこれを使うだけで雰囲気がグッとよくなります。このテイストは重ねがけする事が出来ます。次に使うテイストはSILKYPIXの特集ページにアップロードされているテイスト「シネフィルム(70’s)」です。以下のリンクから様々なテイストをダウンロード出来ます。無料です!

創像 - 写真であなたの感性を創像してみましょう – SILKYPIXアートテイスト企画

「ノスタルジックトイカメラ」+「シネフィルム(70’s)」

自分はテイストを重ねるのが好きでいろいろ試しましたが、この「ノスタルジックトイカメラ」+「シネフィルム(70’s)」は好きでよく使っています。

SILKYPIX テイスト

完成画像

「ノスタルジックトイカメラ」+「シネフィルム(70's)」

全体的に緑がかったノスタルジックな雰囲気になりました!本当にこのテイスト機能はオシャレな写真に加工出来るのでオススメです。ルミックスシリーズをお持ちの方は付属CDから是非インストールを!しっかりRAW現像するソフトなんですけど簡単に使う事も出来ます!それじゃ!また!

リンク:市川ソフトラボラトリー SILKYPIX Developer Studio Pro5 Win/Mac

ルミックスGX7について書かれた記事一覧

広告
この記事は 24人の方にシェアされています。
あなたの「シェア&高評価」お待ちしてます!
みんなの評価
1いいね!2いいね!3いいね!4いいね!5いいね! (まだ評価されていません)
Loading...

☆を選択するだけ!1番右の星をタップで5つ星評価に!
GX7で付属ソフトウェアSILKYPIXを使ってみました。
この記事が面白かったら
「いいね!」しよう!
Facebookで最新情報をお届けします!

ブログ運営者の日常もフォローしてチェック!

このブログを購読する!

feedly 購読 Push7 購読