LUMIX DMC-GX7:クリエイティブコントロール撮り比べ

GX7 クリエイティブコントロール

GX7にはクリエイティブコントロールという機能があります。OLYMPUSだと「アートフィルター」PENTAXだと「デジタルフィルタ」とか呼び名は違いますが、全て簡単に写真にエフェクトをかける事が出来る機能です。ワンタッチで雰囲気のある写真が撮れるのでGF1時代から愛用している機能です。

広告

LUMIX DMC-GX7:クリエイティブコントロール

GF1時代は「マイカラーモード」という名前だったんですが、途中で「クリエイティブコントロール」という名前に変わったんですよね。各社様々なネーミングつけて分かりにくいから、、、全て同じネーミングにしてほしい(笑)で、GF1は7種類、GX1は8種類のエフェクトが搭載されていました。

合計22種類に増えたクリエイティブコントロール!

自分が使ってきたGF1とGF1に比べると、、、GX7のクリエイティブコントロールは凄い数になっていました!何と、、、22種類!モノクロのフィルターだけで4種類もあります。全てモニターで効果を確認しながら撮影する事が出来て、効果の強さや色合いなども細かく調整可能なので、、、表現方法は無限大です!

ポップ

クリエイティブコントロール

ポップアート風の写真が撮れるエフェクト「ポップ」です。全体的に濃い色味になるので花とか遊園地とか撮りたくなる色味。

レトロ

GX7 レトロ

色あせたレトロ感溢れる写真が撮れます。GF1時代から好きなエフェクトでポートレート撮影の時に使うと柔らかい雰囲気になります。

オールドデイズ

GX7 オールドデイズ

GF6から登場した新しいエフェクト「オールドデイズ」です。路地裏とか写すと本当に懐かしい雰囲気に写りますよ!

ハイキー

GX7 ハイキー

女性のポートレート撮影の時に使いまくるエフェクトです!美白効果もあるし!ふんわりした優しい写真になります!

ローキー

GX7 ローキー

全体的に暗くなりますが、写真の中で明るい部分だけ少し目立つ感じになります。曇り空でビルとか撮ると雰囲気が出ます。

セピア

GX7 セピア

その名の通り「セピア」に染まるエフェクトです。今回エフェクトの数が多いので記事を分割しています。下のリンクから続きも是非ご覧下さい。

広告
この記事は 16人の方にシェアされています。
あなたの「シェア&高評価」お待ちしてます!
みんなの評価
1いいね!2いいね!3いいね!4いいね!5いいね! (まだ評価されていません)
Loading...

☆を選択するだけ!1番右の星をタップで5つ星評価に!
LUMIX DMC-GX7:クリエイティブコントロール撮り比べ
この記事が面白かったら
「いいね!」しよう!
Facebookで最新情報をお届けします!

ブログ運営者の日常もフォローしてチェック!

このブログを購読する!

feedly 購読 Push7 購読