Lomography X Tungsten 64をクロスプロセス現像してみました!

Lomography X Tungsten 64

期限切れのフィルムを次々と使って消費することにハマっている@monestarです!今回は、、、ロモの低感度タングステンフィルム「Lomography X Tungsten 64」をLC-A+に入れて撮影しました!

広告

LOMO LC-A+:X Tungsten 64(クロスプロセス)

LOMOの「X Tungsten 64」は『リバーサルフィルム』です。リバーサルフィルムをネガ現像する事をクロスプロセス現像といいますが、今回はトイラボさんでこのフィルムをクロスプロセス現像してもらいました!

トイラボさんに現像を出す方の多くは「X Tungsten 64」をリバーサル現像で頼まれる事が多く、、このフィルムをクロス現像する方は少ないとの事でした。その理由は、、、こういう事なのかも!!!

ロモ タングステン

ほぼピンク!!!事前に調べた雰囲気だと、、、もう少し大人しく薄ピンクの可愛い色味に仕上がると思っていたんですが、、、激しすぎて、、、驚きました!!!!

X Tungsten 64

X Tungsten 64

少し青に転んだ方が好きな雰囲気なんですが、、、何がどうなってピンクに染まるのか、青に染まるのか、全く分かりません。。

X Tungsten 64

ロモ タングステン

ロモ タングステン

期限切れという事も関係しているのかな?もう少し、、被写体の色味などが残った状態で染まってくれれば使い方もあるんでしょうが、、、これは難しい(笑)もう1本残っているので次回は普通にリバーサル現像で頼んでみようかな!や、、もう1回クロス現像でチャンレンジしたい気もするし、、、悩みます(笑)

キングオブトイカメラ LOMO LC-A+の使い方
先日フィルムカメラで藤の花を撮って写真展を開催しよう:撮影会無事終了しました!って記事を書きましたが、この時自分が使ったカメラは「LOMO ...
あなた色に世界を染めよう!Lomo Colorsplash Camera(ロモカラースプラッシュカメラ)
変わった形の変わったフィルムカメラ。このカメラを買わなかったらこのブログも無かったと思います。使用頻度は低いけど、、、思い入れが強いカメラ、...
LOMO LC-AとLC-A+の違い
以前キングオブトイカメラ LOMO LC-A+の使い方という記事で「LOMO LC-A+」について書きました。自分がLOMO LC-A+を購...
広告
この記事は 31人の方にシェアされています。
あなたの「シェア&高評価」お待ちしてます!
みんなの評価
1いいね!2いいね!3いいね!4いいね!5いいね! (1 投票, 平均点: 5.00)
Loading...

☆を選択するだけ!1番右の星をタップで5つ星評価に!
Lomography X Tungsten 64をクロスプロセス現像してみました!
この記事が面白かったら
「いいね!」しよう!
Facebookで最新情報をお届けします!

ブログ運営者の日常もフォローしてチェック!

このブログを購読する!

feedly 購読 Push7 購読