ロモのタングステンフィルム!今回はリバーサル現像スリーブ仕上にチャレンジ!

タングステンフィルム リバーサル現像

しばらく前にLomography X Tungsten 64をクロスプロセス現像してみました!という記事を書きましたが、、、ロモのタングステンフィルムをクロスプロセス現像すると、、、

ロモ タングステン

ほぼピンクに染まってしまいました。この時現像をお願いしたネットのフィルム現像所「トイラボ」さんから『Lomography X Tungsten64のクロス現像はトイラボではあまりご注文を頂くことがなくリバーサル現像でのご注文が多いようです。』と言われた事を思い出し…冷蔵庫で眠っていた最後の1本。ロモのタングステンフィルムを使って現像しました!今回は、、、リバーサル現像で!

リンク:ネットのフィルム現像所「トイラボ」

広告

ロモのタングステンフィルム:リバーサル現像スリーブ仕上

ロモ タングステン

青い!この青さは、、、fuze DC563で撮った空に近いものがあります!(リンク:青すぎる空が撮れるトイデジ「fuze DC563」レビューまとめ)それでは「期限切れのタングステンフィルムをリバーサル現像した写真」を次々と載せていきます!

タングステンフィルム

タングステンフィルム

や、マジでDC563で撮った雰囲気に近いなぁ、、、逆にトイデジ使いたくなってきたよ(笑)

タングステンフィルム リバーサル

タングステンフィルム リバーサル

lomography-x-tungsten-64

LOMO LC-A+ タングステン

やっぱりLC-Aはこのトンネル効果が魅力ですね!しかし…こういう風景などを撮るとどれも同じような雰囲気になってしまいました。もう少し原色が多めの被写体を狙った方がタングステンフィルムの面白さが味わえるような気がします。

lomography-x-tungsten-64

40年くらい前に撮った写真っぽい(笑)何ともいえない雰囲気に仕上がりました!これは期限切れのフィルムという事も関係している気もしますが、、、面白い!

LOMO LC-A+ タングステン

LOMO LC-A+ タングステン

ただリバーサル現像って値段が高いイメージがありますよね?そういう方にオススメなのがトイラボです。どれくらいの価格になるのかは、、、トイラボ 料金シュミレーターを使うと分かりやすいですよー!もっとパパっと金額だけを知りたいって方は料金一覧表をチェックしてくださいませ。それじゃ!また!

キングオブトイカメラ LOMO LC-A+の使い方
先日フィルムカメラで藤の花を撮って写真展を開催しよう:撮影会無事終了しました!って記事を書きましたが、この時自分が使ったカメラは「LOMO ...
あなた色に世界を染めよう!Lomo Colorsplash Camera(ロモカラースプラッシュカメラ)
変わった形の変わったフィルムカメラ。このカメラを買わなかったらこのブログも無かったと思います。使用頻度は低いけど、、、思い入れが強いカメラ、...
LOMO LC-AとLC-A+の違い
以前キングオブトイカメラ LOMO LC-A+の使い方という記事で「LOMO LC-A+」について書きました。自分がLOMO LC-A+を購...
広告
この記事は 12人の方にシェアされています。
あなたの「シェア&高評価」お待ちしてます!
みんなの評価
1いいね!2いいね!3いいね!4いいね!5いいね! (5 投票, 平均点: 5.00)
Loading...

☆を選択するだけ!1番右の星をタップで5つ星評価に!
ロモのタングステンフィルム!今回はリバーサル現像スリーブ仕上にチャレンジ!
この記事が面白かったら
「いいね!」しよう!
Facebookで最新情報をお届けします!

ブログ運営者の日常もフォローしてチェック!

このブログを購読する!

feedly 購読 Push7 購読