ロモインスタント レビュー:チェキフィルムが使えるロモのインスタントカメラが予想以上に楽しかった!

ロモインスタント レビュー

ロモグラフィーで販売されていたロモインスタントの福袋を購入したRainbow Moon Stoneのlomomariaさんに白色のロモインスタントを見せてもらいました!チェキフィルム(instax miniフィルム)が使えるインスタントカメラでアタッチメントレンズも使える楽しいカメラです!

広告

LOMO’INSTANT(ロモインスタント)レビュー

個人的にフジフィルムが販売しているチェキシリーズより、、、ロモインスタントの方が楽しいと感じました。同じチェキフィルムを使ったカメラなのに、、、ロモインスタントは個性が凄い!写りもインパクト抜群です!まずは外観からチェックしていきましょう!

LOMO’INSTANT

三脚穴と電池を入れる場所です。単4乾電池で動くのは好印象です。電池切れになってもコンビニなどですぐに買えますからね。

ロモインスタント

こちらからフィルムが出てきます。それでは細かい部分も見ていきましょう。

ロモ チェキ

右側に見える撮影モード変更ボタンについて少し書いていきます。電源アイコンにセットすると電源オフです。

  • オート撮影モード:周りの明るさを感知して自動でフラッシュが光ります。オートモードです。
  • クリエイティブモード(フラッシュオン):フラッシュ強制発光モード
  • クリエイティブモード(フラッシュオフ):フラッシュは発光しません

このクリエイティブモードを使った場合はシャッタースピードスイッチでノーマル(N)、バルブ(B)を設定できます。本体底部には英語ですが説明が簡単に書かれています。ここを見ると分かりやすい。

ロモ チェキ レンズ

今回見せてもらったロモインスタントには三種類のアタッチメントレンズが付属していました。

ロモ インスタント アタッチメントレンズ

左から「フィッシュアイレンズ」「ポートレートレンズ」「クローズアップレンズ」になっています。ちなみにカメラ搭載のワイドアングルレンズは27mm相当で最短撮影距離が40センチになっています。意外と被写体に近づけるので自撮りにも便利な感じですね。

ロモインスタント 魚眼

これがフィッシュアイレンズ(魚眼レンズ)を取り付けた外観です。かっこいい!このルックスだけで欲しくなる(笑)

ロモインスタント 多重露光

ロモらしいMXスイッチも搭載されています。これは多重露光する時に使うスイッチです。しかも制限回数が無いので、、、何回でも写真を重ねることが出来ます!富士フィルムのチェキシリーズにも多重露光が使える機種がありますが、、、1回重ねるだけなのでこの何回でも多重露光出来るのはロモインスタントだけの楽しみ方かも。

とはいえ無限に重ねれば真っ白な写真になってしまうので、露出補正ダイヤルで露出を下げて三枚くらい重ねるのがベストかな。

ロモインスタント フラッシュ

フラッシュ用のカラーフィルターが付いています。これを使うと真っ赤なフラッシュとか黄色のフラッシュとかが使えるようになります。

ロモインスタント スプリッツァー

今回の福袋にはスプリッツァーも入っていたそうです。先ほどの多重露光スイッチを使い上下違う写真を撮ったり、、ロモらしい面白い撮影が可能になるアイテムです。

LOMO’INSTANT(ロモインスタント):作例写真

それではロモインスタントで撮影したチェキ写真を!

ロモインスタント 作例写真

この写真は上がオートでフラッシュあり、下がフラッシュ無しです。フラッシュ無しの写真ですが、、、しっかり色が出ていて輪郭もくっきりしています。この写りは普通のチェキより好きかも。かなりいい感じでした!

LOMO’INSTANT(ロモインスタント)

屋外で撮った写真はロモのフィルムを使っているわけじゃないのに、、、ロモっぽい色味に仕上がっています。

ロモ インスタント 逆光

川に反射した光を写した写真だということですが、、、逆光には弱い!というか、、、トイデジでもないのに太陽がブラックアウトして水面なんて指紋がべっとりついた雰囲気で黒くなっています(笑)衝撃的な写りです!!!

ロモ インスタント 人物

室内でフラッシュを使い撮影した人物写真ですが、、、この雰囲気はロモインスタントでしか撮影出来ないと思います!最高に楽しい!!!!しかしよくみると背後の棚が思いっきり歪んでいます。アタッチメントレンズを使わないノーマル撮影の場合この歪みに注意が必要ですね。それにしても凄い写りです。

ロモ ライトペン

その他ロモインスタント福袋には、こちらのライトペンとアコーディオンアルバムが入っていたそうです。これで1万2千円ですか。通常三種類のアタッチメントレンズが付いて16800円なので、、、かなりお得な福袋だったんですね!

今回パパっと外観と作例写真を紹介しましたが、、、ロモインスタントはマジでオススメです!それじゃ!また!

リンク:ロモインスタントを買ったの巻|Rainbow Moon Stone

キングオブトイカメラ LOMO LC-A+の使い方
先日フィルムカメラで藤の花を撮って写真展を開催しよう:撮影会無事終了しました!って記事を書きましたが、この時自分が使ったカメラは「LOMO ...
あなた色に世界を染めよう!Lomo Colorsplash Camera(ロモカラースプラッシュカメラ)
変わった形の変わったフィルムカメラ。このカメラを買わなかったらこのブログも無かったと思います。使用頻度は低いけど、、、思い入れが強いカメラ、...
LOMO LC-AとLC-A+の違い
以前キングオブトイカメラ LOMO LC-A+の使い方という記事で「LOMO LC-A+」について書きました。自分がLOMO LC-A+を購...
広告
この記事は 78人の方にシェアされています。
あなたの「シェア&高評価」お待ちしてます!
みんなの評価
1いいね!2いいね!3いいね!4いいね!5いいね! (12 投票, 平均点: 4.58)
Loading...

☆を選択するだけ!1番右の星をタップで5つ星評価に!
ロモインスタント レビュー:チェキフィルムが使えるロモのインスタントカメラが予想以上に楽しかった!
この記事が面白かったら
「いいね!」しよう!
Facebookで最新情報をお届けします!

ブログ運営者の日常もフォローしてチェック!

このブログを購読する!

feedly 購読 Push7 購読