Kodak PIXPRO SP360 4K 『2台』で全天球撮影にチャレンジ!

Kodak PIXPRO SP360 4K

以前PIXPRO SP360 4Kの「360度動画」をYouTubeにアップロードという記事を書きましたが今回は、、、PIXPRO SP360 4Kを2台使って全天球撮影にチャレンジしてみました!今回もマスプロ電工さんからレビュー用に本体、そして先日発売開始になったダブルベースマウントをレビュー用にお借りして記事を書いています。

リンク:Kodak PIXPRO JAPAN

広告

PIXPRO SP360 4K:全天球動画撮影

PIXPRO SP360 4Kを2台使うと「水平垂直360度の全天球動画の撮影」が可能になります。1台6万円くらいするカメラを2台使うので気軽に試せる価格ではありませんが、、、うまく使えばかなり高画質な全天球動画が撮影出来そうです。まずは二台を一気にマウントする「ダブルマウントベース」の使い方から。

PIXPRO SP360 4K

PIXPRO SP360 4K

お借りしたダブルベースマウントには一脚が取り付けられていました。

PIXPRO SP360 4K

PIXPRO SP360 4K

PIXPRO SP360 4K

三脚穴に合わせてPIXPRO SP360 4Kをセットします。この時「電子手ブレ補正機能」はオフにしておきましょう。(自分は忘れていました)

電子手ブレ補正機能 オフ

PIXPRO SP360 4K

2台セットしてネジを締めるとこんな形になります。セルフィースティックが流行ったとはいえ、、、このルックスは目立ちます(笑)

360度の全天球動画

二台のカメラで撮影した動画をパソコンで360度の全天球動画に変換します。

専用ソフトウェア「STITCH SOFTWARE For KODAK」

2台で撮影した動画をパソコンに読み込む保存したらコダックがリリースした「STITCH SOFTWARE For KODAK」という専用ソフトウェアを使い全天球動画に変換していきます。

全天球動画 変換 PIXPRO SP360 4K

リンク:Kodak Digital Cameras | Support – Software and Manuals

自分はMacユーザーなのでMac用のソフトをダウンロードしました。それでは簡単に使い方を書いていきますね(詳しい使い方は専用ページから説明書をダウンロードしてください)

STITCH SOFTWARE For KODAK

STITCH SOFTWARE For KODAK

保存した二種類の動画ファイルを選択します。

STITCH SOFTWARE For KODAK

STITCH SOFTWARE For KODAK

「音声同期」というボタンをクリックすれば自動的に2つの動画の音声データを認識して同期してくれます。予想より簡単です。

STITCH SOFTWARE For KODAK

STITCH SOFTWARE For KODAK

画像調整からコントラストなどを調整したり、二台のつなぎ目を調整する「画像位置調整」機能などもあります。また書き出す動画のサイズを変更したり、、細かな設定も出来ました。

PIXPRO SP360 4K 360動画

出来上がった全天球動画は直接YouTubeにアップロードする事も可能になっています。それでは実際にPIXPRO SP360 4Kで撮影した全天球動画をご覧ください!(全天球動画に対応していないブラウザだと普通のパノラマ動画になっています)

PIXPRO SP360 4K 全天球動画テスト

YouTubeで4K画質に設定するとやっぱり綺麗でした。ただ、、スムーズに再生されないのはパソコンのスペックが低いからかな?

YouTube 4K PIXPRO SP360 4K

今回は専用ソフトを使いましたが画像のつなぎ目などは細かく調整せず、デフォルトの状態でアップロードしました。デフォルトのままだと2つの動画のつなぎ目が気になります。細かく位置調整機能を使わないと完璧な全天球動画にはなりませんが、それより気になるのは、、、

YouTube 4K PIXPRO SP360 4K

やっぱり二台のカメラの視差があるので一脚を持っている手が思いっきり消えてしまう事ですね。個人的にはこういう自撮り動画を撮るよりしっかりカメラを固定して動きのある全天球動画を撮った方がよさそうだと思いました。

PIXPRO SP360 4K

もしくは思いっきり一脚を伸ばし、少し斜めにすれば公式のサンプル動画みたいに腕じゃなく一脚が少しだけ消えるイメージで撮影出来そうです。

先日のアップデートで出力する動画の画質も選べるようになり、やっと4Kというネーミングにふさわしい動画が撮れるようになりました。THETAのように全天球動画が気軽に撮れるわけではありませんが、高画質な全天球動画を撮るならPIXPRO SP360 4Kかな、と思いました。はい!最後に新しく出来たPIXPROのFacebookページのリンクを貼っておきますのでFacebookユーザーは要チェックです!それじゃ!また!

リンク:Kodak PIXPRO JAPAN(Facebookページ)

PIXPRO SP360 4K:4K相当の画質で撮影可能なコダックの360度アクションカメラ
4K相当の画質で撮影可能な360度カメラ「Kodak PIXPRO SP360 4K」が27日に発売になります。今回PIXPRO SP360...
PIXPRO SP360 4Kで回転微速度撮影!ひと味違ったタイムラプス撮影を楽しむ!
初代SP360を借りた時にPIXPRO SP360があれば回転タイムラプス動画が簡単に作れる!という記事を書きました。この時に撮影した動画が...
PIXPRO SP360 4Kでセルフィースティックを使う時のポイント
最近いくつか記事を書いている「PIXPRO SP360 4K」は変わった形をしたアクションカメラで、水平方向360°、垂直方向に235°に対...
広告
この記事は 28人の方にシェアされています。
あなたの「シェア&高評価」お待ちしてます!
みんなの評価
1いいね!2いいね!3いいね!4いいね!5いいね! (8 投票, 平均点: 5.00)
Loading...

☆を選択するだけ!1番右の星をタップで5つ星評価に!
Kodak PIXPRO SP360 4K 『2台』で全天球撮影にチャレンジ!
この記事が面白かったら
「いいね!」しよう!
Facebookで最新情報をお届けします!

ブログ運営者の日常もフォローしてチェック!

このブログを購読する!

feedly 購読 Push7 購読

コメント

  1. デジ太 より:

    面白い動画が作れて楽しいですよね。
    2つの動画のつなぎ目に大きいギャップが生じているのは、電子手ブレ補正機能がONになっていて、画角狭くなっているのが原因のようです。
    説明書の1ページ目には、EISは必ずOFFに設定して撮影するようにとの指示がありました。
    実際にEISがOff時とOn時との比較をすると、Off時の方がつなぎ目が綺麗になっていました。

    • lonestar より:

      >デジ太さん
      コメントありがとうございます!
      手ぶれ補正機能!そういえば、、、設定をチェックしてなかったです。
      もう一度試してみます!
      ありがとうございます!