変デジ研究所

トイデジ カメラ関連商品レビュー 撮影スポット

カメラ 構え方

iPhone

iPhoneをカメラとして使うなら覚えておきたい撮影時の構え方

投稿日:2015年7月3日 更新日:

iPhoneを使う前は普通の携帯電話を使っていたという方も多いのでは?ガラケー時代、どうやって写真を撮っていましたか?片手で携帯電話を持って、手を伸ばしシャッターになるボタンを押していましたよね?

iPhone 写真 構え方

iPhoneで綺麗な写真が撮れない・・・と悩んでいる方の多くはiPhoneを携帯電話と同じイメージで使っている方だったりします。ガラケーと同じ雰囲気で手を伸ばし親指でシャッターを押しているんですよね。

iPhoneで綺麗な写真を撮るための構え方

フィルムカメラ時代の説明書には必ず「カメラの構え方」というページがありました。綺麗な写真を撮るためには、、、しっかりカメラを構えることが大切なんですよね。先ほどの構え方だと、、手ブレも増えますし、構図も単調になりがちです。

まずはもう片方の手でiPhoneを支える持ち方に変えてみましょう!これだけで手ブレが一気に減りますよ。

iPhone 撮り方

どのカメラもそうなんですが、基本の構え方は「横位置」です。ここでフィルムカメラの説明書をチェックしてみましょう!(画像はCanon FTbの説明書)

Canon FTb

横位置の場合は、両ひじをピッタリと体に付ける事が大切だと書かれています。iPhoneも横位置で構える時はひじを体に付け、出来るだけ画面を顔に近づけるのもポイントになります。

iPhone カメラ 構え方

iPhoneのカメラはボリュームボタンをシャッターとして使う事が出来ます。横位置で構えて、ボリュームボタンでシャッターを押せば、カメラっぽく構えて撮影する事が出来ます。この構え方と撮り方が一番オススメです!

iPhone カメラ 構え方

iPhoneの画面でシャッターを押す場合はこんな雰囲気で持っています。持ち方は人それぞれですが「iPhoneを両手で持ってしっかり固定する事が大切です」それと縦位置より横位置の方が安定した撮影が可能になります。ミノルタ SRT101の説明書にも「縦位置は横位置よりも不安定ですので、とくにご注意ください」と書かれています。

カメラ 構え方

分かりやすい言葉が書かれていたのでSRT101の説明書を使いましたが、、、右手が下になっている構え方は珍しいかも。

構図やアプリの使い方より、、まずはしっかりブレずに撮影する構え方をマスターするのがiPhoneをカメラとして使う第一歩だと思います。しっかり構えて撮ると斜めった写真も減ってきますし、自然に構図もバランスもよくなるはずです!それじゃ!また!

広告

この記事が面白かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で
\あなたのシェア&高評価お待ちしてます/
みんなの評価
1いいね!2いいね!3いいね!4いいね!5いいね! (2 投票, 平均点: 3.00)
Loading...

☆を選択するだけ!1番右の星をタップで5つ星評価に!

-iPhone

Copyright© 変デジ研究所 , 2017 All Rights Reserved.