変デジ研究所

トイデジ カメラ関連商品レビュー 撮影スポット

ハッセルブラッド スクリーン

中判カメラ

ハッセルブラッドのスクリーン交換「ブライトマットスクリーン」

投稿日:2016年1月4日 更新日:

愛用している中判カメラ「Hasselblad 500C/M」ですが、買った時に付いていた標準スクリーンは暗くて少し見にくいと感じていたんですよね。数ヶ月使ったあとに違うスクリーンを購入しました。その時に書いた記事が簡単過ぎたので、、、少し今の知識もプラスして再アップしますね。

自分が買ったのは「ブライトマットスクリーン」というタイプのスクリーンになります。こちらは明るいスクリーンとして有名な「アキュートマット」の前身モデル。標準スクリーンよりは明るいけど、、、アキュートマットよりは暗いという雰囲気ですね。

ハッセルブラッド:ブライトマットスクリーン

自分が使っているHasselblad 500C/Mに最初から付いていた「標準スクリーン」と「ブライトマットスクリーン」でどれくらい見え方が違うのか比較してみましょう。

標準スクリーン

ハッセルブラッド 標準スクリーン

ブライトマットスクリーン

ハッセルブラッド:ブライトマットスクリーン

この写真だと違いがあまり分かりませんが、、、ブライトマットスクリーンの方が少し明るくピントの山がつかみやすい感じです。もう少しアップで比較してみます。

標準スクリーン

ハッセルブラッド 標準スクリーン

標準スクリーンは白っぽく、グルグルとした渦巻がうっすら見えます。

ブライトマットスクリーン

ハッセルブラッド:ブライトマットスクリーン

ブライトマットスクリーンの方がクリアで見やすい感じです。

で、これを購入した当時はあまり知らなかったんですが、、、方眼入りの「インテンスクリーン」や、スプリットが入っているノーマルスクリーン、スプリット&方眼入りのアキュートマットスクリーン、そして激レアな「オプトファイバースクリーン」などなど、、、ハッセルブラッドのスクリーンにはたくさんの種類があります。

自分が使っている「ブライトマットスクリーン」も生産期間は約一年と短いので少しだけ珍しいスクリーンになります。が、、安い中古品だったのでよくみると傷が気になるんですよね・・・いつか綺麗なアキュートマットスクリーンを買いたいと今は思っています。それじゃ!また!

広告

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
この記事は 5人の方にシェアされています。
「シェア&高評価」よろしくお願いします!
みんなの評価
1いいね!2いいね!3いいね!4いいね!5いいね! (3 投票, 平均点: 5.00)
Loading...

☆を選択するだけ!1番右の星をタップで5つ星評価に!

-中判カメラ

Copyright© 変デジ研究所 , 2017 All Rights Reserved.