セルフィースティック3種類を比較!最新セルカ棒「ファン・タ・スティック イージー」とは!?

FUN-TA-STICK EZ

自分撮り出来る一脚「セルフィースティック」の人気は凄くて使っている方を見かける事も多くなりました。このセルフィースティックもどんどん進化しています。最初は伸びるだけの一脚という雰囲気でしたが、Bluetoothを使ってワイヤレスでシャッターが切れるタイプが発売になり、、、

今、最新のセルフィースティックは、、、スマートフォンの端子にコードを差し込む事で難しい設定なしでシャッターが切れるタイプになっています。

広告

自分撮り 一脚 セルフィースティック FUN-TA-STICK EZ (ファンタスティック イージー)

ファンタスティックイージー

今回紹介するFUN-TA-STICK EZは有線タイプのセルフィースティックになります。無線でシャッターが切れるワイヤレスタイプの方が便利な気がしますが、旅行先で自撮りの記念撮影をしたい高齢者やスマートフォンの設定がよく分からない方々だと、ブルートゥースの設定が分かりにくいんですよね。

有線タイプは音声ボリュームシャッターに対応したスマートフォンであれば、どれでも設定不要でシャッターが切れるので、分かりやすくて人気になっているそうです。今回スペックコンピュータ株式会社さんからレビュー用に頂いた最新セルカ棒も有線タイプです。

セルカ棒 有線タイプ

iPhone 6 Plusにも対応したスマホホルダーが付属しています。iPhoneであればイヤホンジャックにヘッドホン接続端子を差し込み純正カメラアプリを起動すれば、、、あとはグリップ部分のシャッターを押すだけでシャッターが切れます。

iPhone 6 Plus 自撮り棒

セルフィースティック3機種比較

今まで変デジ研究所でレビューしてきたセルフィースティックとどんな違いがあるのか少しだけチェックしてみましょう!

セルフィースティック

大きさや長さ、先端の雰囲気は似ています。「モノポッド」は伸びるだけのセルフィースティックで、「ワイヤレスシャッターモノポッド」はその名の通りワイヤレスでシャッターが切れるのが特長です。「ファンタスティックイージー」は先端にヘッドホン端子があるので違いがありますね。

セルカ棒 比較

かなり違いがあるのは底部分です。ワイヤレスシャッターモノポッドは充電に必要な端子や電源ボタンが底面にあります。そしてファンタスティックイージーには、ストラップなどを取り付け可能なストラップ穴が底面に。モノポッドには三脚穴があるので、普通の三脚と一緒に使う事で立てて使う事なども出来ます。

Monopod

このあたりをチェックすると、セルフィースティックはとにかく自分撮りに特化して、さらに使いやすい、そして持ち運びしやすい形に少しずつ進化しているですね。

「自分を撮影するための伸びる一脚」〜「手元でシャッターを切りたい」〜「でも充電とか設定が面倒だからもっと簡単に撮りたい」という流れでしょうか。

音量ボタンをシャッター機能に割り振れる機能を持ったスマートフォンだけで使える

簡単に手元でシャッターが切れるようになったセルカ棒ですが、ここで注意が必要です。ワイヤレスではなくなったタイプは「音量ボタンをシャッター機能に割り振れる機能を持ったスマートフォンだけで使える」という事です。アプリを使った撮影であれば、、アプリがボリュームシャッターに対応している必要があります。

セルカ棒 Android

もちろんAndroid機種でもOKです。Xperia、Nexus5、GALAXY S5など。しかし購入前に一度音量ボタンでシャッターが切れる機種かどうか確認してくださいね。買ってから使えなかったというのが一番ショックなので。

iPhone 6 Plusを使う時の注意点

iPhone 6 Plus 自撮り棒

セルフィースティックとは基本的に一脚部分の事で、先端にスマホを装着出来るアダプターを取り付けて使います。このアダプターがiPhone 6 Plusに対応してないモノも多いんですよね。このファンタスティックイージーのスマホアダプターはiPhone 6 Plusに対応しています。

iPhone 6 Plus セルカ棒

セルフィースティックを使うと思いっきりググッと最長まで伸ばして撮りたくなりますが、、、自分撮りだったら半分くらい伸ばせば十分写ります。iPhone 6 Plusは大きいスマートフォンですから重量もそこそこあります。

iPhone 6 Plus セルカ棒

最長87cmまで伸ばすと、、、棒がしなって少し不安になります。個人的にiPhone 6 Plusを使う時は、、最長まで伸ばさず少し余裕を持って使った方が安全だと思いました。

気になるセルフィースティックの価格は?

ファンタスティック イージーはAmazon価格で3,218円になります。カラーバリエーションはブラック、イエロー、ピンク、ブルーの4色。ワイヤレスで使えるタイプは4,298円で、シンプルなモノポッドは1,000円です。それぞれ特長があるので使い方に合ったセルフィースティックを選ぶ事がポイントになりますね。

※価格は掲載時のものです。購入前に必ずご確認ください。

「monopod(一脚)」&「clasp(クリップ式三脚雲台)」が自撮り動画に便利!
これは楽しいアイテムです!以前から「monopod」という一脚の存在は知っていましたが、今回スペックコンピュータ株式会社さんからレビュー用の...
ワイヤレスシャッターモノポッド!手元でシャッターが切れる!伸びる!セルフィースティック!
先日「monopod(一脚)」&「clasp(クリップ式三脚雲台)」が自撮り動画に便利!」という記事でモノポッドというグリップ付き一脚を紹介...
iPhoneのイヤホンでシャッターを切る!自撮りにも使える便利なテクニック!
先日iPhoneをカメラとして使うなら覚えておきたい撮影時の構え方という記事を書いたらSNSで「ボリュームボタンでシャッター切れるの知らなか...
広告
この記事は 27人の方にシェアされています。
あなたの「シェア&高評価」お待ちしてます!
みんなの評価
1いいね!2いいね!3いいね!4いいね!5いいね! (まだ評価されていません)
Loading...

☆を選択するだけ!1番右の星をタップで5つ星評価に!
セルフィースティック3種類を比較!最新セルカ棒「ファン・タ・スティック イージー」とは!?
この記事が面白かったら
「いいね!」しよう!
Facebookで最新情報をお届けします!

ブログ運営者の日常もフォローしてチェック!

このブログを購読する!

feedly 購読 Push7 購読