変デジ研究所

トイデジ カメラ関連商品レビュー 撮影スポット

デジハリ 初代

デジタルハリネズミ

初代デジタルハリネズミ:レビューまとめ:デジタルハリネズミの伝説はここから始まった!

投稿日:2015年11月10日 更新日:

デジタルハリネズミといえば・・・デジハリマニアックスというデジハリファンサイトが有名で、ここをチェックすれば今まで何十台も発売されたデジタルハリネズミシリーズの事が詳しく分かります。

デジハリマニアックスのこぼれ話をチェックしてもらうと、、、「変デジ研究所さんでチノン1の紹介が無かったら、私は全機種比較撮影をしていなかったかもしれません」と書かれています!本当に嬉しい。今でもその記事のことはよく覚えています。懐かしいなぁ。

初代デジタルハリネズミ開封レビュー

今回は変デジ研究所の読者でもある小澤さんから戴いたカメラの中から「初代デジタルハリネズミ」をレビューします。

初代デジタルハリネズミには様々なファームウェアが存在します。確認方法はシャッターボタンを押しながら電源をオンにします。ファームウェアは「Ver1.11、Ver1.14、Ver1.15」などがあるみたいですが、、、今回レビューするデジタルハリネズミのファームウェアは「Ver1.11」でした。

このバージョンだと緑かぶりだったり真っ赤な写真だったり自分で設定した強烈なホワイトバランスで写真を撮ることが出来ます。その後発売された機種ではこの裏技が使えなくなりました。初代デジタルハリネズミまさに伝説のトイデジなんです。

初代デジタルハリネズミ

それでは開封です!今回頂いた変デジの多くは!箱入りでした!開封レビューが出来ちゃいます!はい!デジタルハリネズミを箱から出してみましょう!

初代デジタルハリネズミ

じゃじゃーーーん!デジタルハリネズミ登場!ちょんまげみたい!黒電話の受話器みたい!いいえ!カメラです!

初代デジタルハリネズミ

背面と上部です。すでに見慣れたデジタルハリネズミですが、、、電源ボタン、シャッターボタン、メニューボタン、OKボタン、モード選択スイッチなどなど。

初代デジタルハリネズミ

ほとんど誰も使わないと評判のファインダーです!で!2010年の6月に「デジタル花はりねずみカメラ:外観レビュー」という記事を書いているんですけど、、、この記事を見たら、、、

デジタルハリネズミ ファインダー

同じ構図の写真を撮っていました(笑)

初代デジタルハリネズミ

こちらにmicroSDカードや電池を入れます。その他、三脚穴、マクロと遠景の切替スイッチなど。はい、それでは最後に初代デジタルハリネズミで撮ってきた写真を何枚か載せて今回の記事は終わりますね。

デジタルハリネズミ(初代)作例写真

デジタルハリネズミ(初代)作例写真

デジタルハリネズミ(初代)作例写真2

デジタルハリネズミ(初代)作例写真3

デジタルハリネズミ(初代)作例写真4

デジタルハリネズミ(初代)作例写真5

うーん!素晴らしい色味!ノイズもいい!初代デジタルハリネズミはやっぱり名機だと思いました。この色味、この雰囲気だったから人気になり、その後デジハリがシリーズ化して続くことになったんですね。トイデジシーンの伝説を作った名機「デジタルハリネズミ」やっぱり初代はいいなぁ!それじゃ!また!

リンク:【Amazon.co.jp限定】 リボルテックダンボー・ミニ Amazon.co.jpボックスver (リボコンテナ入り/ダンボールカラー)

※この記事は2013年に変デジ研究所で書かれた記事をまとめ、追記、修正したものになります。(過去記事は削除されています)

広告

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
この記事は 22人の方にシェアされています。
「シェア&高評価」よろしくお願いします!
みんなの評価
1いいね!2いいね!3いいね!4いいね!5いいね! (5 投票, 平均点: 5.00)
Loading...

☆を選択するだけ!1番右の星をタップで5つ星評価に!

-デジタルハリネズミ

Copyright© 変デジ研究所 , 2017 All Rights Reserved.