変デジ研究所

トイデジ カメラ関連商品レビュー 撮影スポット

ニコン D750 ファームウェアバージョンアップ

Nikon D750

ニコンがD750の最新ファームウェアを公開、Macでダウンロード〜バージョンアップする方法など。

投稿日:

ニコンがD810/D810A/D750/D500/D7200の最新ファームウェアを公開しました。ワイヤレストランスミッター WT-7に対応させる事がメインのアップデートですが、不具合修正を含む機種もありました。自分はD750を使っているので、今回はMacでD750用のファームウェアプログラムファイルをダウンロードしてバージョンアップしてみました。

ファームウェア C:Ver.1.10 から C:Ver.1.11 への変更内容

•ワイヤレストランスミッター WT-7 に対応しました。
•以下の現象を修正しました。
- 撮影した画像を再生してRGBヒストグラムを表示させると、画像によってはRGBヒストグラムが正しく表示されない。
- [画質モード]>[RAW + FINE]、[画像サイズ]>[サイズ M]、[自動ゆがみ補正]>[する]の組み合わせで撮影すると周辺の画像がゆがむ場合がある。
- [セットアップメニュー]>[カメラ設定の保存と読み込み]>[保存]の操作をしても[カスタムメニュー]> f[操作]> f5[コマンドダイヤル設定]>[メインとサブの入れ換え]の設定が保存されない。
- 撮影した画像が記録されない場合がある。

ニコン 一眼レフD750 ファームウェアバージョンアップ

まずはニコンのファームウェアダウンロードページにアクセスします。

ニコン ファームウェア

ニコン ファームウェア

自分はMacを使っているのでMac用のプログラムファイルを選択〜ダウンロードしました。次にダウンロードした「F-D750-V111M.dmg」というファイルをダブルクリックします。

F-D750-V111M.dmg

ディスクイメージがマウントされるので中を確認します。

D750 アップデート

フォルダ内に作成された「D750_0111.bin」というファイルがファームウェア本体になりますので…これをカードリーダーなどを使いメモリーカードにコピーします。

D750 ファームウェア バージョンアップ

次に、ファームウェア本体が入ったSDカードをD750に入れます。

D750 ファームウェアバージョンアップ

このとき、スロット1に挿入する事になっているので注意しましょう。スロット2にカードが入っていても大丈夫なのか分からなかったので…自分はスロット1だけにカードを入れ電源を入れました。

D750 ファームウェアバージョン

「セットアップメニュー」から「ファームウェアバージョン」を選択します。

ニコン 一眼レフ ファームウェア

次に「バージョンアップ」を選択します。

ニコン 一眼レフ ファームウェア

バージョンアップしますか?と聞かれるので「はい」を選択。

ニコン バージョンアップ

しばらく時間がかかりますが電源は切らずに待ちます。バッテリーをしっかりと充電してから行いましょう!途中で電源切れたら大変です…

ニコン D750 バージョンアップ

バージョンアップが終了したら電源スイッチをオフにしてメモリーカードを取り出します。

D750 ファームウェア

取り出したカードをMacにマウントして、先ほどのファームウェアはゴミ箱に入れました。

D750 ファームウェア

ちゃんとバージョンアップされているか電源を入れ、先ほどと同じように「セットアップメニュー」から「ファームウェアバージョン」を選択して確認します。今回の場合だとVer.1.11になっていればOKです!

今回のファームウェアバージョンアップには…「撮影した画像が記録されない場合がある。」というとんでもない不具合修正も含まれているのでD750を持っている方は早めにバージョンアップを。それじゃ!また!

広告

この記事が面白かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で
この記事は 19人の方にシェアされています。
「シェア&高評価」よろしくお願いします!
みんなの評価
1いいね!2いいね!3いいね!4いいね!5いいね! (3 投票, 平均点: 5.00)
Loading...

☆を選択するだけ!1番右の星をタップで5つ星評価に!

-Nikon D750

Copyright© 変デジ研究所 , 2017 All Rights Reserved.