手のひらサイズのトイデジ「Che-ez! Tinio」を使ってみた。

今回は手のひらサイズのトイデジ「NHJ Che-ez! Tinio」をパパッとレビューでございます!この機種はかなり前にレビューした事がありますが、色違いをゲットしたので再レビューしますね!

まず画素数は130万画素で単四乾電池2本で動きます。SDカードも使えます。発売されたのは2004年!10年前のデジカメです。以前レビューしたChe-ez! Tinioは薄いブルーでしたが、今回のTinioはホワイトです。小さくて可愛い!

広告

NHJ Che-ez! Tinio

Che-ez! Tinio

背面はいたってシンプル。液晶モニターは1.5インチです。ズームもありますが、まぁ使う事はない感じですね。tinioと書いてある部分が少しだけへこんでいるので親指を置くと持ちやすい感じ。

Che-ez! Tinio

SDカードと乾電池はこちらに。

Che-ez! Tinio

サイドにフォーカス切替スイッチがあります。ここでマクロと遠景を切り替えて使います。

Che-ez! Tinio

メニュー画面はこんな雰囲気。日時設定はありません。このタイプのトイデジはMacに読み込んだ後に自分で日付を設定します。面倒なんですけど、、、慣れちゃいました(笑)

という事で!どんな写真が撮れるのか!数枚載せていきますね!

Che-ez! Tinio:作例写真

Che-ez! Tinio 作例

マクロで撮るとボケも効いていい雰囲気で写ります!130万画素のデジカメですが、、、いい感じです!

Che-ez! Tinio 作例

これ!この雰囲気!好きな感じ!

Che-ez! Tinio 作例

これくらい小さいトイデジだと液晶モニターが無いものも多いんですけど、このTinioは液晶モニターがあるので構図を確認しながら撮れるのはいいと思います。

Che-ez! Tinio 作例

ちょっとレトロっぽい色味で撮れる時があるんですよね。

Che-ez! Tinio 作例

赤などの原色も派手すぎず地味すぎず微妙な色味で好きです。ほんと日常使い出来そうな感じ。

Che-ez! Tinio 作例

Che-ez! Tinio 作例

Tinio

最後に載せた一枚だけ以前撮った写真ですが、逆光のフレアも虹色だったりして凄く綺麗です。今回は簡単にパパッと紹介しましたが、きっとリサイクルショップとかで売ってたら激安だと思うので探してみてはいかがでしょう!はい!それじゃ!また!

あのホルガがトイデジに!HOLGA DIGITAL(ホルガ デジタル)レビュー
あのホルガがトイデジに!という事でフカクテイキロクボの@kinchaaanさんが『HOLGA DIGITAL』を持っていたので少しだけ触らせ...
Vivitar ViviCam 5050:ビビッドモードが激しいトイデジ!
今回はVivitarの大人気トイデジ「Vivitar ViviCam 5050」のレビューや作例を振り返ってみましょう。 トイデジとい...
ローライミニデジ!これは可愛い!手のひらサイズのローライフレックス!
こんなに小さいのにローライフレックスなんです。二眼レフのローライフレックスを知っている方に見せると「偽物でしょ?」と疑われる事も多いんですが...
広告
この記事は 26人の方にシェアされています。
あなたの「シェア&高評価」お待ちしてます!
みんなの評価
1いいね!2いいね!3いいね!4いいね!5いいね! (2 投票, 平均点: 5.00)
Loading...

☆を選択するだけ!1番右の星をタップで5つ星評価に!
手のひらサイズのトイデジ「Che-ez! Tinio」を使ってみた。
この記事が面白かったら
「いいね!」しよう!
Facebookで最新情報をお届けします!

ブログ運営者の日常もフォローしてチェック!

このブログを購読する!

feedly 購読 Push7 購読