アップル社のデジカメ「Apple QuickTake 200(クイックテイク200)」レビューまとめ

Apple QuickTake 200

今回は1997年に発売されたAppleのデジカメ「Apple QuickTake 200(クイックテイク200)」について書いた記事をまとめてみます!棚に飾ってあるこのカメラを見た人は『それってAppleのデジカメなんですか!?』とか『懐かしいいぃ!!』などなど毎回話題になるんですよね。

広告

Apple QuickTake 200(クイックテイク200)外観レビュー

Apple QuickTake 200

モード切替ダイヤルの絵文字がAppleらしいし可愛い。消去モードが「ごみ箱」になっているのもMacintoshユーザーには分かりやすかったんでしょうね。

QuickTake 200

QuickTake 200 スマートメディア

スマートメディアにも小さいアップルのマークが。

スマートメディア 5Vタイプ

2MB-5と書かれたスマートメディアです。5Vタイプのスマートメディアを読み込むためには、、カードリーダーが必要です。

5Vタイプ カードリーダー

5Vのスマートメディアを読み込めるカードリーダーってなかなか見つからなくてビクターのカードリーダーはオークションでゲットしました。これで画像をMacに読み込むことが出来ます。

Apple QuickTake 200(クイックテイク200)作例写真

以前書いた記事に載せていなかったブログ未公開の写真も含めApple QuickTake 200で撮った写真を一気に貼っていきます!

Apple QuickTake 200

Apple QuickTake 200

Apple QuickTake 200

Apple QuickTake 200

Apple QuickTake 200

Apple QuickTake 200

Apple QuickTake 200

Apple QuickTake 200

Apple QuickTake 200

QuickTake 200の記録解像度は「640×480」です。このブログに載せた画像が最大です!さすが35万画素!!!ちなみにビデオケーブルを使いQuickTake 200とテレビを接続すると、、、撮影した写真をテレビで確認する事も出来ます。

とにかく遅い(笑)発売当初の価格は79,800円でした。Appleと富士フィルムが共同開発したデジカメになります。何かの間違いで、、、またAppleがFUJIFILMと一緒にデジカメ作らないかなぁ(笑)作って欲しいです!!!!

Apple QuickTake 200の主な仕様

◆ハードウェア仕様
画 像:24ビットカラー(約1,670万色)
解像度:640×480ピクセル(全モード)
メモリ:2 MBスマートメディアを使用した場合、高画質モードで最大22枚、標準画質モードで最大30枚(組み合わせ可能) サポートするファイル形式:JPEG、PICT、TIFF、Exif-JPEG 電子シャッタースピード:1/4〜1/5000秒
絞 り:F2.2またはF8.0(切り替え可能)
フォーカス範囲: 接写(9〜13 cm)、人物(45〜90 cm)、風景(90 cm〜無限遠)の3種類のフォーカス範囲から選択するフリーフォーカスレンズを採用(38 mmレンズ相当)
撮像素子:1/3インチCCD正方画素VGA全画素読み出し方式(35万画素)
レンズ:TV-フジノン単焦点レンズF2.2、8
焦点距離:f=5.7 mm(35 mmカメラ換算38 mm相当)
感 度:ISO100相当
露出制御:TTL測光、絞り優先AE
ホワイトバランス:自動
セルフタイマー:電子制御式、作動時間約10秒(途中解除可能)、ランプにより作動確認可能
消去方式:1コマ消去、全コマ消去、カード初期化
液晶ディスプレイ:1.8インチパネル、1秒当たり30フレームで被写体のプレビューを表示。フレーム毎の再生モード(3、5、10秒間隔、1または9枚の画像をプレビュー)
光学式ファインダ:逆ガリレオ式ファインダ、倍率0.53倍、視野率約81%
インタフェース:シリアルポート内蔵、NTSCビデオ出力
寸法  
(高さ×幅×奥行):77×129×47 mm
重 量:約240 g(電池含まず)
電 源:単3リチウム電池4本(内部)
DC6V/1A(外部)

クラシックデジカメ:CASIO QV-10AとCASIO QV-11を若干やる気なくレビュー
カシオのQVシリーズが発売になる前からデジタルカメラは存在していましたが、撮影画像をその場で確認できる背面の液晶パネルを世界で最初に採用した...
京セラ サムライ デジタル 1300DG レビューまとめ
このブログにはクラシック・デジカメというカテゴリーがありますが、、、少し数が少ないので過去にレビューしたサムライデジタルのレビューをまとめて...
300円でゲットした手のひらサイズのコンデジ「日立 HDC-401」を使ってみた!
近所のリサイクルショップで日立のコンデジ「i.mega HDC-401」を購入しました。手のひらサイズの可愛いデジカメで発売は2004年にな...
広告
この記事は 298人の方にシェアされています。
あなたの「シェア&高評価」お待ちしてます!
みんなの評価
1いいね!2いいね!3いいね!4いいね!5いいね! (5 投票, 平均点: 5.00)
Loading...

☆を選択するだけ!1番右の星をタップで5つ星評価に!
アップル社のデジカメ「Apple QuickTake 200(クイックテイク200)」レビューまとめ
この記事が面白かったら
「いいね!」しよう!
Facebookで最新情報をお届けします!

ブログ運営者の日常もフォローしてチェック!

このブログを購読する!

feedly 購読 Push7 購読

コメント

  1. macer より:

    懐かしい。持っていました。
    QuickTake150は今でも持っていますが、200はなくしました。

  2. jimmy より:

    アップルからまたカメラが出ないかとQuickTakeについて調べてたら,こちらにたどり着きました。
    懐かしい ^^*
    当時,デジカメを買おうとしてて、Macおたくな友人から勧められました
    ブログには、もってこいなんですよね
    QuickTakeは、ないけれどhttp://model-ks.com/wp-content/uploads/2015/12/03-3-100×100.pngなアップルのカメラの写真見つけましたよ

    • lonestar より:

      >jimmyさん
      コメントありがとうございます!
      懐かしいカメラですよねー!
      アップルのカメラの写真ですが、、、
      何故か見れなかったです・・